道州制・・・・?

2007.01.29 Mon

道州制・・・・・・?
時々話題になるが よく解らん。
そこで チョイト。

道州制ってのは
 現在の 都道府県より広域な単位の 自主性 自立性の高い自治体にし 国は国としての政策に
 専念して それ以外の仕事はその自治体が担い 政策を企画 立案する立法機能をも持たせる
という 検討の段階のものらしい。

それで何が良くなるのかってぇと
  47の都道府県と多くの出先機関をまとめて 無駄をなくす事が出来る。
  規模 能力の拡大は 仕事量を拡大させ 市町村がうるおう。
  広域な単位で 交通・環境・防災など分野を超えた政策・戦略が立てられる。
んだと。

更には
 現在の状況では 地域の壁(県境) 権限の壁があり 森林・河川・湾の統一的な管理・政策決定
 が出来ない。 観光 企業誘致などの利害の不一致など問題が多い。
 また 政策の実施権限・決定権限が国にある現状では 地域に必要な総合的な政策を素早く行な
 えない。

道州制にするとこれらのことが解消され さらに国の省庁の縦割りの弊害も解消できる。

どーよ この 推進派の弁 いい事ずくめである。

チョット待て・・・ そんな魔法のような話があってたまるか。

『 森林があり 水源があり 川となって流れ 湾に注ぎ込む 』
こんな当たり前の 自然環境に対する政策・管理を総合的に 県境など越えて 行なえなえなかったというのは どういうことか。
この地震列島日本で防災・交通に関しても 地域の壁を越えた総合的な政策・戦略が立てられなかった などと馬鹿げたことを言うのはどうしたことか。 

縦割りだから 県境の壁があるから出来なかった と言うつもりなのか。
大局を眺め 壁を越えて 障害を乗り越えて なすべき事はなそう という気概を持ち合わせた政治家・役人がどこにもいなかったという事ではないか。
それぞれの既得権に執着する体質 責任を取らない体質そのものではないか。

昨今多発する 県知事の不祥事 政治家の恥知らずな不祥事などみるにつけ

自治体の規模をどう変えようと 政府の大きさをどう変えようと 権限をどう移譲しようと

結局のところ 政治家 役人どもが “ 高い志の精神 ” を身に付けなければ なにも解決しないのだ。

魔法のような制度などあるはずも無い。

どー思う?

 
  1. 2007/01/29(月) 00:08:33|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<職人の顔 | ホーム | 笑うも一日>>

コメント

粉砕骨折殿
残念ですが政治家、役人どもの“高い志”は期待薄です。奴らに効く特効薬はテポドンかもしれません。目がさめるかなー?
  1. 2007/01/29(月) 23:24:48 |
  2. URL |
  3. Rickey #-
  4. [ 編集]

まったく
荒療治が必要なんでしょうかね
Rickey殿

“女は生む装置” 発言など
人間の根本の質の問題ですよね
救えませんな

  1. 2007/01/30(火) 19:41:33 |
  2. URL |
  3. 粉砕骨折 #-
  4. [ 編集]

粉砕骨折殿
全くもって仰る通りです。言っていい事と悪いことの判断すら出来ない。ああ・・なげかわしや。
  1. 2007/01/31(水) 01:51:49 |
  2. URL |
  3. Rickey #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dosiroto92.dtiblog.com/tb.php/110-34e6f897

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約