政治家に語ってほしいこと・・・

2012.11.30 Fri

『脱原発』は 結局みんな目指すところは一緒

『TPP』は 国益に叶わないときは拒否できるなら ど〜ってこと無い
政治家にその交渉力 胆力 覚悟があるかということ

『消費税』は 今どき上げなくてもいいなんていう国民は ダダをこねてる類の人のみ
『消費税の前にやることがあるでしょう』 ってゆー政治家
そんなモンさっさとやれよ 今まで政治家だったんだからサッサとやっておけよ
って感じだな
今ごろ言ってんじゃねえよ って感じ
つまり やるべきことがあるならサッサと同時進行で速やかにやればいい

要は胆力 覚悟 実行力のある人物であるかどうかということ

政治家に語って欲しいことは そんな些細なことじゃない
日本国の姿をどうしたいのかということ

この 生き馬の目を抜く国際社会において 理不尽な圧力や アツレキ 意見の対立が当然のようにある中で
それが無法者国家相手で『話せば分かる』が通用しなかったりしたとき 日本国家 日本国民はど〜するのか どーする国家にしたいのか

“国防軍”や”憲法改正”の文言に 過剰に反応したりヒステリックになる前に 日本はイッパシの独立国家としてどーあるべきか

『 蔑まれ 侮られ 蹂躙されても 戦いません それで滅びるなら滅びても構いません 』 という 誇り高い国家 なのか
『 主張すべきは断固主張し 守るべきものは断固守り 誇りのためには断固戦う それで負けて滅びるならそれでも構いません 』 という 誇り高い国家 なのか
そもそも 『 誇りなんかどーでもいい 経済成長が続き 便利な生活が続けばいい 』 という国家なのか


そういう 目指す国家の 核 芯 の部分を聞きたいんだ
それを聞いて取捨判断しようとすることは そのまま我ら国民自身の考え 覚悟にはね返ることになる

  
  1. 2012/11/30(金) 13:50:31|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

胆力と実行力

2012.11.28 Wed

卒原発?
当面維持?
どちらも目指すところは同じじゃあねえの?
脱原発は何が何でも即止めろ ってゆーの?

考える前に止めるか 考えてから止めるか 考えながら止めるか
みーんな 行き着くところは 『 原発ゼロ 』
原発問題は小異という意味はこーゆーことだ

メディアはこぞって 『小政党が乱立して 違いが分からない どれを選んだらいいのか分からない』ってゆー 間抜けなコメンテーターの言を垂れ流している

これじゃあ 視聴者は “何がなんだか分からない”ほうに引きずられる


このど素人も どの党を選んだらいいか分からなくなってるが
でもね 分からなくても考えよう 考えて考えて選ぼう ってことだ

官僚機構と戦って 大衆に迎合せず 決定して実行できる “ 胆力のある政治家 ”
何とか選挙までに この人物本位を見極めて投票しようと思っている

  1. 2012/11/28(水) 12:23:02|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

『 突っ張ってるんです 』 って ・・・

2012.11.15 Thu

大女優 森光子 の逝去
マスコミはこのハナシでもちきりだが
その中で 印象的なのはスクァット 手を後ろに組んでヒザを曲げ伸ばす あれ
『若さを演じるために 突っ張ってるんですよ』 の言葉

そう!
年よりは 突っ張って生きなきゃ

そんな時 突然の訃報
ご意見番 三宅久之氏 逝く

こんな 今の日本には貴重な存在
ずーっと生きていてほしいと このブログでも何度か取り上げた 痛快!三宅さん
残念至極!

そして今 自らを 『暴走老人』 と言って憚らない 石原慎太郎の突っ張り

そう! 
今の平和ボケした日本国民に
誰かが体を張って 突っ張る姿を見せてやらなきゃ・・・

日本人の誇りは滅びてしまう!






 
  1. 2012/11/15(木) 18:55:35|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

当然の “ 無罪 ” 判決

2012.11.13 Tue

資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる 政治資金規正法違反罪で強制起訴された小沢一郎被告の控訴審判決公判

東京高裁は1審の無罪判決を支持
「 1審判決が 犯罪の証明が無いとして無罪を言い渡したのは正当 」
として 指定弁護士側の控訴を棄却


“ 民意 ” とする検察審査会の強制起訴から約1年9ヶ月
これで 小沢一郎の “ 無罪 ” が確定した

ここでも 度々取り上げたが そもそも
「土地を買うのに何億もの金をポンと出せるのは なんか悪いことやってるに違いない」
って程度の “ やっかみ感情(庶民感情) ” を “ 民意 ” として無理矢理の強制起訴

指定弁護士の新たに申請した証拠はすべて不採用
小沢氏の被告人質問すら行われずに即日結審

担当検事当事者が「妄想」「筋違い」と白状している検察の「見立て捜査」と「ウソの報告書作成」 を考えれば ま 当然といえば当然の結果 だが

好き嫌いは別として 胆力ある政治家の政治活動を3年もの間 封じ込めてしまった
被告となった者の不利益 人権をどう考えるのか

検察はもちろん 犯罪者扱いのマスコミも 自己顕示のためとしか思えない小沢批判の政治家も どう責任を取るのか

 
  1. 2012/11/13(火) 22:17:55|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約