緊急時避難準備区域 指定解除したところで ・・・

2011.09.30 Fri

9月12日現在の値に換算した直近の 『放射線量率』 と 『セシウム沈着量』 の比較的広域なマップです 

放射線量率

セシウム沈着量

福島第1原発から 20km〜30km圏内 (緊急時避難準備区域) を見てください
この汚染状態のままの区域に だれが安心してもどって生活ができるというのでしょうか

“ 原発にナニかがあったら 速やかに避難できるように準備する ”
というのは 日本中の原発をかかえる周辺住民にとっては 今となっては当たり前の状況になってしまいました
指定されたから 解除されたからの問題ではアリマセン 何も変わりません
変わるのは 国と東電の 住民への補償 住民に対する責任ぐらいのものです

原発の冷温停止はもちろん 放射性物質の空間への放出 地下水を汚染するかもしれない汚染水処理 そして除染の完了 これこそが安心して戻って生活を始められる基本条件です

もう一度 20km〜30km圏内の区域を見てみてください
緊急避難準備区域の指定が解除されたからといって ここに子供をつれて帰って生活をはじめようと思いますか


  1. 2011/09/30(金) 12:36:20|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

台風15号のつめあと ・・・

2011.09.25 Sun

散歩の途中
林試の森公園

先日の台風15号の被害です

幹周り 4メートルもあろうかという ユーカリの大木です
根は薄く コンクリートの縁石のようなものを抱えたり 植え付け時の地盤の悪さでしょうか

ユーカリ



同じく倒木 ユリノキの根です
ユリノキ


アカマツ 折れてます
アカマツ


いたるところに無残な姿がありました
公園名のとおり森になっているので 樹木同士が相互に持ち合って 嵐をやり過ごすのかなと思っていたら 森の中でいきなりスポット的に倒木が見られます 根の張りの極端に弱いヤツが犠牲になったと思われます


  1. 2011/09/25(日) 22:16:05|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

建屋が壊れてりゃ ・・・

2011.09.22 Thu

今頃になって ナニすっ呆けたこと言ってんのか
東電は・・・
福島第1原発 タービン建屋地下に 毎日200〜500トンの水が 流入しているらしいことが分かった
・・・・ って

建屋に溜まっていた高濃度汚染水 5月の時点で10万5000トン
東電がこれまで処理した汚染水 約9万トン
原子炉冷却のための注水量  約4万7000トン

で 9月13日現在 建屋に溜まっている汚染水は 10万2000トン

・・・って

ツジツマの合わない 4万トンは地下水や雨水が流入したものらしい なんて
すっ呆けたこと言ってるけどね 事の重大さは分かってるのかな
4ヶ月もかかって この程度の計算やって やっとこさ発表してるけどさ

4万トンの水が流入したって言ってるけどね これ 8万トンの水がひび割れや隙間から流入して 4万トンの汚染水が他のひび割れや隙間から流出していたとすれば ツジツマの合わない “4万トン” は “4万トン” ってことになる

地下水や雨水が流入したようだ なんて いけしゃあしゃあと言っちゃってるけど
それは そのまま 地震によって建屋が壊れていたということで 高濃度汚染水が流出した可能性があるってこと トンでもなく重大で深刻なことだ
自覚はあるのだろーか すっ呆け通すつもりなんだろーか 

  1. 2011/09/22(木) 00:10:27|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

放射性物質の広域汚染 ・・・

2011.09.21 Wed

9月12日 文科省が発表した
航空機モニタリング測定結果(8月16日〜28日 測定実施)

空間線量率

セシウム沈着

いかに広域に汚染されているかがよく分かる
除染作業の困難さも想像がつく

斯様に たとえ万が一であっても 原発が引き起こす事故は 重大かつ深刻なのだ



  1. 2011/09/21(水) 21:52:12|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

自覚を持って やることやって ・・・

2011.09.20 Tue

いつぞやの 京都の送り火 『 被災(汚染)松 』 騒ぎ
教訓にしていない 学習していないオトナたち

愛知県の花火大会で 福島県川俣町で製造された花火の打ち上げを中止した というニュース

愛知県日進市 市と商工会で構成する実行委員会が開催する花火大会 『 にっしん夢まつり・夢花火 』
東日本大震災の復興支援を掲げ 岩手 宮城 福島で製造された80発を含む2000発の花火を打ち上げるという催し
住民の “ 苦情・抗議 ” が “ 20件あまり ” 殺到し 実行委員会は福島県川俣町製造の花火を打ち上げないことにした というもの
で 例によって その中止にしたことに対する抗議が 電話・メールで300件あまり殺到した
で 実行委員会は その花火を 来年の同じ大会で打ち上げることを検討しているという

どーよ この顛末

最近は 何でもかんでも 復興支援を銘打てば善意の催しみたいな主催者の安直な思惑にも問題があると思うが

しかし 被災地側の心構えにも問題がある と思う
過剰反応だ 風評だと嘆いたり 憤っていてもなにも解決しない
世間の支援感情に甘えて やるべき事をやらないのは もう許されない
覚悟と実行力をもって 風評に挑まなければならない 徹底した放射能の検査 データの開示 安全の証明しかない
どんなに面倒でも 費用がかかっても 時間がかかっても 徹底的にやっている事を国じゅうに知らしめるしかない

日進町住民の20件あまりの電話やメールを 『 苦情・抗議が殺到 』 と 興味本位にマスコミは報道するが  
放射能に不安を持つごく普通の人たちの “ 疑問 ” “ 問合せ ” と考えてもいい程度と思う
自分たちの頭上に打ち上げる花火のこと 「 放射能は大丈夫なのか 」 「保管状況の確認はしたのか 」 なにより 「 放射能の検査はしたのか 」
など 普通の問合せで これに適確に答えられない主催者は この御時世 あまりに認識が甘く 能天気といわざるを得ない

あわてて放射能の検査を依頼するも 時間的に間に合わなかったという

こんなマヌケな醜態を オトナたちがいつまで繰り返すつもりなのか

 


 
 
  1. 2011/09/20(火) 15:19:45|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

除染なくして復興なし ・・・

2011.09.15 Thu

原発事故による放射能汚染の深刻さが徐々に認識されてきたよーだ

こんなことは 事故発生当時から 専門家なら分かってたことなんだろうが
例によって 国民が薄々分かり始める頃の 小出し情報みたいなモンか

『 福島の復興なくして日本の復興はない 』 野田政権が言うまでもない

福島の復興は 即ち 除染作業の完全終了しかない
除染作業が完了しないかぎり 若いお母さんと子どもたちは戻ってこない

学校だ 病院だ では済まない
通学路の道端から 空き地の雑草地 畑から森林に至るまで徹底的の除染が完了しなければならない
福島県の70%を占める森林の除染は 専門家に言わせても 現実的には不可能ともいえるほどの作業になる それでもやり遂げるとすれば莫大な手間と費用がかかる

除染作業の費用だけでも 今言われている復興予算と同じくらいはかかるともいわれる

それでも 森林が除染されないかぎり 放射性物質が風雨によって人々の生活環境に染み出してくることは必定 子どもたちは戻れない
子どもたちが戻らなければ 数年 数十年後には 年寄りたちも滅び イワユル 『 死の町 』 になってしまうのだ

これほど深刻な放射能被害を 見て見ない振りなのか 世論を刺激しないためか 原発行政の御用学者ということなのか 専門家もあまり除染作業の大変さを問題にしないできたようだ

その深刻さを訴えるジャーナリスト上杉隆氏の意見も 御用マスコミによって一蹴されていたし

どんなに大変だろうと 予算がかかろうと 人手がかかろうと 除染なくして福島の復興はない
ボランティアを必要とするなら キャンペーンを張ってでも 大々的に募集するといい

原発の恩恵を受けヌクヌクと便利を享受してきた者の責任として 必ず参加するつもりだ








  1. 2011/09/15(木) 01:12:07|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

“呆れてモノも言えん” では済まない ・・・

2011.09.10 Sat

 コドモじゃあるまいし 呆れてモノも言えん
と 言ってしまえばオシマイの くだらんハナシだけどね
 
鉢呂吉雄経済産業相の辞任劇

まがりなりにも 国民の選挙によって選ばれた国会議員
こんなくだらないノを 議員にしてしまった責任は国民にある

われらはよくよく反省しなきゃならん

 “ モノも言えん ” では済まない

しかし困ったもんだ・・・・・・

  1. 2011/09/10(土) 21:19:13|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約