南相馬事情 その後 3 ・・・

2011.08.03 Wed

南相馬市住民によると
最近にわかに 交通違反の取締りが厳しくなってる という

どうやら 被災地の住民やボランティアの 交通マナーが低下してきているのが原因らしい

なるほど ボランティアは日本の各地から交通事情も地理的にも疎い中で どうしても意図しないマナー違反を起こしがちになる 当初のうちはわざわざ遠くから来てくれたのだからと大目に見てくれたことだろうが そのうち 一部の心無いばか者は ありがとうありがとうと感謝されることに慣れてしまい 我侭が許されると勘違いし 図に乗って 無謀なマナー違反 規則違反をやりだした
被災地住民も 当初は 信号機の故障やガレキや地震による道路の障害で 譲り合い臨機応変に通行していて 多少のマナー違反や規則違反は まあこんな時だから と 大目に見ていたものが だんだん図に乗って平気で無謀運転をやりだした

警察も 「 いつまでも調子に乗るんじゃない 」 と 取り締まりを強化させているという事らしい

なるほど 人間は 放っておけば際限なく調子に乗るものらしい
いかに 被災者といえど善意のボランティアといえども 図に乗ってはいけない 自省 克己の心掛けが大切なのだ

  1. 2011/08/03(水) 06:57:07|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

南相馬事情 その後 2 ・・・

2011.08.03 Wed

今となっては 福島県にとどまらず周辺の県にも広がっている放射能汚染
セシウム汚染稲ワラ問題

南相馬市のある酪農家が口火を切ったのだが このど素人は この酪農家を責めるのはあまりに酷だ 『 気の毒という他は無い 』 とここにも書いたが 今回その意を強くした

南相馬市で聞いた話を二つ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「 あの人は 汚染を知っていて牛に食べさせるような人じゃない あのバッシングは尋常ではなかった 自殺するんじゃないか と みんなで今も見守っているんだ 」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「 あの人がセシウム汚染を知っていたかどうかは分からない でも あの時は自分たちの食べ物さえもなかった状況だ 買うこともどうすることもできない状況だった
人間さまの食べ物も手にはいらないのに 牛のエサなどどうすることもできない でも食べさせなきゃ死んでしまう そんな極限の状況で もしかしたら汚染されてないかもしれない 汚染されてるかもしれない稲ワラを牛に食べさせたことが こんなにバッシングを受けるなんて 本当に自殺するんじゃないかと心配した 」 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  1. 2011/08/03(水) 00:09:59|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約