子どもの情操教育には・・・

2010.10.31 Sun

子どもには くだらんバラエティや ロクでもない政治家のニュースなど
見せてはいけない
人格が崩れていくだけだ

子どもには 『 チビまるこちゃん 』 と 『 サザエさん 』 がいい

たまちゃんはメチャメチャいい子だし
ながさわ君の帽子はメチャメチャ小さい



  1. 2010/10/31(日) 19:31:12|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

迫田さおり バックアタック ・・・

2010.10.30 Sat

2010女子バレー世界選手権

一次リーグ初戦 白熱のフルセット
逆転3−2でポーランドを下す

ぐぁ〜〜ッ っと飛んでくる
迫田さおり の バックアタック がすごい!


  1. 2010/10/30(土) 18:17:15|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

スーパー堤防 は オモシロイ ・・・

2010.10.29 Fri

『 スーパー堤防 』 は “ スーパー無駄遣い ” のフレーズで
得意げに廃止を決めた仕分け人

200年に1度の 『 大洪水 』 に備え
完成は 計872km あと400年 12兆円かかるという 『 スーパー堤防事業 』

仕分け人は 例によって具体的な費用対効果の数値を要求し 国交省側はそれに答えられず完全に白旗 
なんの反論も 正当性の主張もできず 一刀の下に廃止と決められてしまったが・・・

どーなのよ このど素人は 面白い事業だと思うがね
400年で12兆円 1年に300億円づつ使って大洪水に備える その完成に400年かかるとしても・・・
未曾有の災害 天文学的な被害金額 想像もつかない被害状況なんて表現もある
200年に1度の『大洪水』 がどれほどのものなのか

そもそも計画を立てた時には 当然シミュレーションをしたんだと思う そのデータもあるはずと思うが
ま バブル時代の“酔狂”だったとしても・・・


「 『3日間の総雨量が500ミリを超えた、『200年に1度の大雨』と報じられたこの日。 荒川右岸堤防があっけなく決壊した。・・・・・ 東京の地下鉄など17路線、81駅の大水没の幕開けとなった。 」 ではじまる 大洪水のシミュレーション(建築・住宅ジャーナリスト細野透氏)
 なんてのもある 勝手にリンクさせていただくが


気候変動で氷が解け海水位が上がり ソコに つい先ごろの奄美地方で降ったような 900ミリ 1000ミリの信じられないような豪雨が 都心や都心に繋がる河川地域に降った時の被害は まさに未曾有 想像を絶する被害額になるんじゃないだろーか

将来起こりうる未曾有の天災に備え 年間300億円を投入し続けることは無駄遣いだろうか
『スーパー堤防』を造った時とつくらない時の 被害額の違いを示せ なんてこというけどね そんなこと単純に計算できるぐらいなら “スーパー” である必要は無い
想像を絶するような大洪水が起こったとき 日本の中枢を大沈没から守ることは 日本を守ること 日本国民を守ること という思想が大切だと思う

容易に想像できたり計算できる程度の災害に備えるのは当ったり前のことで それをやっていなければ天災ではなく人災ということになる
その意味で 学校などの耐震化をモタモタしている場合ではない

無駄な天下りや ロクに仕事をしない無駄な役員への報酬さえ キッチリ“仕分け”するならネ
台風も接近していることだし 『 スーパー堤防 』 について考えてみるのも オモシロイと思うがネ

  1. 2010/10/29(金) 18:18:47|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

議員たちはみーんな解かってる・・・

2010.10.29 Fri

『陸山会』の土地購入をめぐる政治資金規正法違反容疑 ( 政治資金収支報告書への記載時期のズレ 容疑) が 普通なら問題になるような容疑でないことは
ほとんどの議員は知っている
弁護士など法律の知識のある議員たちなどなおさらだ

『 検察審査会 』 の 強制起訴議決が そして裁判が 所詮は無罪 無駄なことであることも解かっているハズ

『検察審査会』の2度目の起訴議決は 『検察審査会法』に違反しているので 強制起訴は無効である という小沢氏側の訴えも 法律の知識のある議員たちはみんな理解できるハズ

ま 与党の議員も野党の議員も そんなことはどーでもいいんだと思う

『政治と金』問題 イコール 小沢一郎 という世論づくりのため 世間の目を 『小沢一郎イコール金権政治』 に向けさせるため 間違っても自分たちの政治資金には目を向けさせないための  『説明責任』大合唱なんだと思う

政治倫理審査会でも証人喚問でも どっちだろうと なにひとつハッキリするわけではなく なーんも解決しないことも知っている
与党も野党も どちらになっても ならなくても お茶を濁すだけのことだってことも

小沢一郎に世間的にも政治的にもダメージを 寄ってたかって与えればそれでいいのだ

でもね 小沢一郎を 本気で怒らせるわけにはいかないし 完全に政治に失望させるわけにはいかない ことも 議員たちは解かってる

小沢一郎が本気で怒って ちゃぶ台ひっくり返したヒにゃ トンでもないことになる
『陸山会』問題どころじゃない 政界の裏も表も知り尽くしている小沢氏のこと 与野党の大物議員たちの『政治と金』問題も 知り尽くしていることを・・・
議員たちは わかっている

だから 小沢一郎に鈴をつけるヤツなんかいない
遠巻きに視線を合わさずに吠えて 政治的ダメージを与え 願わくばそっと失脚でもしてくれればいい ぐらいに思ってるんだろう

山ほどある大事な議論をそっちのけで 『 政治と金 小沢問題 』に言及しグズグズ ダラダラやってるのは
次の選挙でも勝てるよう“自分たちはクリーン”をアピールし 『政治と金』は小沢一郎に背負わせて葬りたいという 国会議員たちの 必死の自己保身の姿なのだと見るんだが

どーよ

  1. 2010/10/29(金) 00:15:06|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

食糧安全保障と備蓄米 ・・・

2010.10.28 Thu

食糧安定供給特別会計の備蓄米管理

不作などの非常時に備え100万トンの米を備蓄している
温度・湿度など 保管環境の調節が必要ということもあり 1万トンあたり約1億円の費用がかかる
100万トンなので年間100億円かかる
食糧安全保障を目的として設置されている備蓄米の制度

近年の気候変動 飢餓状態の途上国もある 世界規模の食糧難がいつ起こっても不思議ではない

つい最近 世界的な小麦の不作で 生産国が輸出制限をし 小麦の価格が高騰したなんてこともあった

自分の国の国民を飢え死にさせてまで 食糧を輸出する国などありはしない
お金があっても 他国から食糧を買えなくなる事態も起こりうるってことだ

食糧自給率40%に満たない日本で
備蓄100万トンが順当か否か もっと増やすべきではないのか 100億円かけるのが適当か無駄遣いか
5年間保管して 5年経ったものは飼料として安く放出することが 無駄なのか
食糧安全保障をどー考えるのか

これは たった4日間の事業仕分けの場で どうこうできる問題ではないナ

「 米の消費量が減っているのだから 備蓄米の量も減らしていいのでは 」
こんな 的外れな仕分け人には この問題はいかにも荷が重い 
  1. 2010/10/28(木) 22:53:09|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

5年半ぶりに “走る” ・・・

2010.10.28 Thu


10日ほど前 早朝ランニングを始めた
5年半ぶりの ランニング “走る”という行為

慎重に 事前ストレッチをやり 少しづつ 様子を見ながら 休み休み・・・

快適である
今まで遠かった所がグッと近くなる感覚 あっという間にこんな所まで という感覚が楽しめる

5日間続けた頃 カカトに痛みが
ランニング中止 調子に乗りすぎたか

6日目から 歩くことも辛くなり
今日まで 安静中(徐々に回復中)

5年半ぶりに “走る”時は くれぐれも慎重に


 

  1. 2010/10/28(木) 20:28:46|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

企業・団体献金の自粛 解除・・・

2010.10.28 Thu

企業・団体献金の自粛を解除 契約額1億円未満企業ならOK

って・・・
民主党はどーなってるんだ

この 企業・団体献金の自粛は いま『政治と金』のお題目で 寄ってたかってスケープゴート状態の 小沢一郎が言い出して実行してきたことだ

民主党はマニフェストに 企業・団体献金の全面禁止を謳ってるはず・・・

個人献金が思ったように集まらないからって ・・・
臆面もなく・・・

政党助成金 ってのはナンなんだっけ

どーなってるんだ 民主党は 


  1. 2010/10/28(木) 00:15:41|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約