ニワトリとタマゴ・・・・・

2008.08.30 Sat

『 味の素 』が 28年ぶりに 10%程度の値上げ とか
主原料サトウキビの生産コストが上がったのが要因 って

すこし前 物価の優等生なんて訳のわからん言われ方の 『 タマゴ 』 が これも10%程度値上がりするとニュースになってたな
タマゴにいたっては大雑把にゆーと 半世紀以上も値上がりしてないに等しい値段だった

しかし このテのニュースを聞くたびに 驚くのは よくもまあ こんなに永い間 値上げ無しで市場に供給し続けることができたもんだ ってことだな

合理化し 機械化し 無駄をなくして 低価格を維持してきたんだろうが 物事には限度がある
所有する土地の広さ 設備 資金力など それができる生産者はいいが できない生産者は人件費を削って低価格を維持するしかない

タマゴの生産などもそうで 大規模で合理化 機械化されている生産現場では 鶏は狭いスペースに並べられエサが自動で与えられ 人手無しでもタマゴは集められる
鶏はそれこそ “産む機械” とされ 一部品のように組み込まれ 素人目にもそこまでやるかとゆー状況で 動物愛護団体にとっては絶好の非難材料だと思うが ま それは別として

これも それほどの資金力があり 合理化 機械化できる生産者はいいが 弱小生産者は身を削らなきゃ安い値段は続けられないだろうと思う

昨今 燃料の値上がりとか バイオ燃料用作物への移行などで 原材料や飼料の値段が上がったことが影響するのは当然だが それとは別に 生産者の生活 文化は年々向上するのがあたりまえで 収入だって 年々増えるのがあたりまえなはずなのに でも 製品の値段は28年も 半世紀も上げないなんて どー考えてもおっかしなハナシだと思う

給料が上がらないのに 物価ばかりが上がって 家計に大打撃で消費が冷え込む などと危機感ばかり煽るが

しかし 今までモノの値段を上げなさ過ぎとはいえないだろーか

合理化し 無駄をなくし ギリギリの低価格で製品を提供し さらにその低価格を維持するために 今度は人件費を削る事を考え 社員の給料は据え置き 都合の良い派遣労働者を利用する
その結果の現状だと思う

社員(生産者)の給料(収入)を上げるために 製品の値段を上げれば良いのだ


10%程度の値上げで 買う人が減るというなら その製品はそれほど社会に必要ではないという事 もっと値上げしても構わない それで買う人がいなくなるんなら それは世の中に必要の無いモノ ということだ

製品の値段を上げて 生産者の収入を増やして 消費が増えて 景気が良くなる

ものは考えよう ヨ

ど〜思う?
  1. 2008/08/30(土) 13:45:43|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

五輪のときだけ勝てと言われても・・・

2008.08.29 Fri

オリンピックでメダルを量産するために 巨額の強化費を投じて 選手を育成することの是非は別として
今回のメダルの数が物足りないと嘆くなら 日の丸が揚がるのをもっと見たいと思うなら

そりゃあ つぎ込む金の額がちがう となる

仮に 2016年東京開催となったとき 開催国の面目をかけメダルを量産してほしい なんてゆーのなら
今回の 日本選手団長の 「 五輪のときだけ勝てと言われても困る 」 は正論だと思う

国策としてそれなりの資金を使って スポーツ環境を整えて 長期計画で強化育成しなきゃならんということだ

メダルの数は別としても 日本のスポーツは一部を除いて その環境はけっしてよくないよーだ
ま スポーツどころじゃない国もいっぱいあるのも確かだけどネ

太田雄貴の銀メダル獲得で にわかに話題になったフェンシングも その環境はじつに厳しいもののよーだ それでも次は金メダルなんて世間は勝手にさわぐもんだ

フェンシングをメジャーにしたいという思いと その環境の現状と改善を訴える 太田雄貴 のまっすぐな目がじつに印象的だ
  1. 2008/08/29(金) 00:15:25|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

青森リンゴ・・・

2008.08.27 Wed

リンゴといえば青森 青森といえばリンゴ

青森にとって唯一のブランドともいえる 『青森リンゴ』 に
自らの手でドロを塗ってどーするよ

青森県弘前市のリンゴ加工会社『青森県果工』リンゴ果汁の産地偽装発覚


ただ儲かればいいという恥知らずな行為がもたらした影響の なんと大きなことか・・・
  1. 2008/08/27(水) 18:32:26|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国民はやかましい・・・

2008.08.27 Wed

しかし あれだ
太田誠一農水相ってのはどうなってんだ

事務所費問題は厳しく追及するのは当然だが
なんと言っても呆れるのは 2003年の女子大生集団暴行事件での 「 集団レイプする人はまだ元気があるからいい 」 などと言い放ったということだ
冗談でもいえない言葉だ 考えもしないことは言葉にはならないはずだから ってことはこの男 ロクなモンじゃない

こんな男は この時に抹殺しておくべきだったと思う
この男に投票し政治家にさせた国民は反省してもらいたいもんだ

こんな人間が大臣に登用されてるってのも いつものことながら驚かされるな

ただ この男の発言で 今 問題にされてる 「国民がやかましい」発言
「消費者としての国民がいろいろやかましく言うと 応えざるを得ない」と言ったとか
マスコミや野党から非難を浴びているが

このど素人は この 「国民がやかましい」発言は どーってことないと思う 腹も立たない
国民がやかましく言うのはあたりまえで その国民の声に応えて政策を打つのもあたりまえ 国民がやかましくないほうが問題だ

このど素人 国民の一人として
「 お前がやかましいから こんな良い政策をやらざるを得なくなった 」 なんて言われたら
それはもう 国民名利に尽きる とゆーもの


国民は もっともっと やかましくならなきゃいかんのだヨ

ど〜思う?
  1. 2008/08/27(水) 18:00:34|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

それで息子の誇りはまもれるのか・・・

2008.08.26 Tue

海上自衛隊佐世保基地護衛艦さわぎりの3等海曹(当時21)が自殺したのは 上司のいじめが原因として 両親が国に2000万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決
福岡高裁 牧弘二裁判長は「上司の侮辱的な言動でうつ病になり自殺した」と認定し 1審の判決を変更し国に350万円の支払いを命じた ってニュース

3曹は四国沖で演習中 艦内で首吊り自殺した

「おまえはバカだ」 「3曹失格」などの発言を上官から繰り返し浴びせられるなどして 精神的に追い詰められ自殺した
3曹の自殺を防ぐ国の安全配慮義務にも違反する とは 両親の言いぶん

国側はイジメを否定 1審では 「上官の言動に一部不適切な部分はあるが 違法・不当なイジメと認めるのは困難 自殺の原因は技術習得が遅れがちで焦り 精神的疲労を募らせたため」として訴えを棄却していた

イジメがあったとか モノ覚えが悪かったとか 根性がなかったとか ま そのへんは そこそこあったんだろうが そこには興味が無い

このど素人は この3曹の両親の行動に引っかかる
当時21歳 リッパなオトナである息子が 国の安全を背負うという崇高な仕事に就こうとして訓練を受けている それは厳しい訓練だろうと思う そりゃそーだ 海上自衛隊の護衛艦 扱い方を間違ってもらってはこまる 有事の時など精神的にもタフで冷静でいてもらわなきゃこまる

上司の侮辱的な言動で自殺をするような精神的にも脆弱な人間に 護衛艦やイージス艦の操作はもちろん 武器すらも持たせられないと思う あぶなくてしょーがない

向き不向きもある 素質のない奴もいる それでもその仕事に就きたいというの言うなら徹底的に鍛えしごいてでも強靭な精神力と技術・知識を身に付けておいてもらわなけりゃならん 国と国民の安全がかかっているのだからそのぐらいの覚悟は必要だ

この3曹は 自分の能力や向き不向きを冷静に判断して 身を引くなり 転職するなりのみちを選ぶべきだったと思う オトナなんだからできるはず


両親はどうして 息子の死を他人のせいにして 誰かに責任をとらせたいんだろう

有事の時は国民の安全を守るために最前線で体を張ろうという気概を持っていたはずの自慢の息子が “イジメに屈して自らの命を絶った” なんてことを 認め 受け入れてしまっていいんだろうか

それで愛する息子の誇りはまもれるのだろうか・・・
  1. 2008/08/26(火) 17:06:41|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:7

白バイ事故で有罪 おかしいゾ・・・

2008.08.23 Sat

スクールバスに高知県警交通機動隊の白バイが衝突し男性隊員が死亡した事故で 業務上過失致死罪に問われたバスの運転手の上告について
 最高裁(津野修裁判長)は棄却の決定をした というニュース

この事件と1審2審の判決について どこかのテレビ局で特集を組んで報道していたものなどを何度か見て これは逆転するだろうと 注目していたのだが
驚いた 禁固1年4ヶ月の実刑が確定した

あらためて この事件と判決までの流れを 先入観を持たないよう心がけながらみてみた

KSBニュース報道シリーズ


どう考えても これは “ねつ造” “冤罪” としか思えない
1審 高知地裁 片多康裁判官
控訴審 高松高裁 柴田秀樹裁判長
そして 最高裁 津野修裁判長 ともに その良識を疑う信じられない判断を下したと思う
「証拠ねつ造はない」 「弁護側の主張をすべて却下」 「証拠 証人申請をすべて却下」
の一点張り どう見ても 公正な裁判とはいえない


しかし 警察はなんてことやってるんだ 「市民からの協力が得にくい」なんて泣きごとも 自業自得というもの

このど素人は 警察官擁護派で ほとんどの警察官は正義感と使命感に燃え 治安を守り 体を張って市民の安全を守ろうという気概をもって働いていると信じている
中には不祥事を起こしてマスコミに騒がれるヤツもいるが それはほんの一部の人間だと思っている

だから なおさらこんな悪事は許せない 腹が立つ 恥を知りやがれ


こんな判決を覆し 裁判をやり直し“正義”を行う手立てはないのだろうか・・・
  1. 2008/08/23(土) 21:50:15|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

医師が誓うなら・・・

2008.08.23 Sat

『 福島県立大野病院産科医逮捕事件 』
帝王切開手術で女性を失血死させたとして 業務上過失致死罪などに問われ逮捕 起訴された産科医師に対し 無罪の判決が下された

医療行為が適切かミスか 医学的な難しいことはなーんもわからんが
医師がおのれが良いと信じる治療を施し 結果 患者が死亡したということのようだ

このど素人は 医療ミス 医療事故 どちらにしろ この医師に刑事責任を科すべきではないと思うな
そういった意味で今回の判決は 妥当な判決だと思う
医学界の専門家たちが第三者的な観点で精査し原因究明し 再発防止に役立てることが大切なんだろう

個人的には 医療ミスや医療事故は 医者が人間である限り付きもので 明らかに悪意があったり 怠慢に因る凡ミスは論外として 民事刑事を問わずその責任を問うべきでないと思う
その代わり その症例や経験を貴重な糧として 後の医療に必ず生かす責任を医学界に負ってほしい 当事者の医師もそれを誓ってほしい それでいいと思っている

難しい医療を避けるようになったり 医療ミスや医療事故を隠すようになることが最も不幸なことだと思う



被害者感情に配慮 なんてことを耳にするが 人間は毎日ふつうの生活を送るのにもリスクがあり 覚悟が必要だと思っている
ひとつの生命をこの世に送り出す出産には それこそ大きなリスクがあり 命懸けの作業だと思う 病院に行き医師に任せれば100%安全があたりまえではない
なにかアクシデントがあったときは 医師の技術 経験 病院の設備などが即影響する 最先端の完璧な医療をみんなが受けられるなんてことはあり得ない 運やタイミングが命を左右することは当然ある その覚悟は常に必要と思う

被害者感情を煽っても だれも幸せにはなれない・・・


ど〜思う?
  1. 2008/08/23(土) 18:05:52|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約