政治家どもの自浄期間・・・・

2007.09.30 Sun

福田内閣と新閣僚

支持も不支持もない
これから何をど〜するかにかかっている

またまた 新閣僚に金の問題の報道がある もういい加減にしてしてもらいたいもんだ

これほど政治と金の問題が取りざたされれば たいがいの政治家は自ら身体検査を するだろうに

あとは1・2年猶予期間を与えて 政治家ども自らの自浄期間としたらどーだ
もういい加減本来の “ 政(まつりごと) ” に取り組んでもらいたいもんだ

しかし最近 良い政治家とはなんなんだろう・・・と考えさせられている

庶民感覚がわからない というのでは話にならんが 庶民レベルでしか行動できなけりゃこれまた政治家失格というもんだろう

マスコミも世論も 政治家を庶民レベルに無理やり引っ張りおろしすぎてはいないか

“1円からの領収書” が正義なんて煽ること自体 政治家のレベルを下げることになってるんじゃないか
そんなことは 秘書とかとりまきが責任を持てば良いわけで
政治家が1円の領収書の心配していて政治が出来るかってんだ

警鐘を鳴らし自制を促すということで そろそろいいんじゃないかな


資金力や人脈など いわゆる力のない政治家では 国際的な交渉や根回しなどは到底出来ないだろうし
いざとゆーとき 国民の幸せのために その資金や人脈をフルに活用して政治を行なう才覚や気概がなくては いかに庶民感覚をわきまえていようと いい政治家とは 言えないんだろーな と思う

チマチマとこまかいカネの心配ばかりしているヤツが 世界の平和や地球規模の政策なんか考えられっこねーだろうーな とも思う


ただし 私腹を肥やさないという倫理観と正義感を持ち合わせていることが基本ではあるがね



私財をなげうっても 日本のため 国民のための政治を という本来の政治家魂を持ちあわせた政治家なんて望むべくもないか



ど〜思う?
  1. 2007/09/30(日) 00:24:05|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『 バウチャー制 』 って・・・・

2007.09.29 Sat

教育がすべての根源 と考える このど素人には 文科相が気になる

伊吹氏のあの風貌同様のはっきりしない政策や理念に 胡散臭さを感じていたのだが
今度はど〜だろー

新文部科学大臣 海渡 紀三朗

『 教育バウチャー制 』 について
「 市場原理は基本的に持ち込むべきではない。導入すると社会に歪みが起こり 格差が生じる 」 との持論を述べている
「 子供たちが等しく義務教育を受ける機会が与えられるかどうか。地域的な問題が解けないという思いがある 」
「 全面的に否定するわけではないが 」 「 そうした問題がクリアされないと 面白そうだとか活力が出そうだという考えだけでは どうかと思う 」

『 バウチャー制 』 の是非は議論のあるところと思うが

このど素人は 教育の社会に市場原理を持ち込むべきでは絶対にない と思っている

すでに 義務教育の段階で “公立”  “私立” があって 資金力と教材の充実が 質の高い教育とされ 家庭の経済環境による教育格差 地域による教育の格差だって起こっているんじゃないのか


『 バウチャー制 』 というのは 教育再生会議 第三次報告の柱 なんて言われてるが
行政が保護者に 学校の授業料に当てる “ 一定額の利用券(バウチャー) ” を支給し 児童・生徒が自ら選択した学校にその利用券を渡し授業を受ける 学校は利用券の数に応じて行政から補助金を受ける という仕組みで

学校は教育の多様化 質の向上などの競争原理が働き 反面 学校の荒廃がが起こりやすく 地方など学校の少ないところでは教育を受ける機会の平等が損なわれる などの問題もあると言われている

どちらにしろ 今でももう そうであるのに 利用券なんぞ支給されても 「児童・子供が自ら選択した」 なんてお題目は通用する筈も無く 人気のある学校に生徒(保護者)は集中し 定員の管理をどうするかによっては 学校側による生徒の選抜が行なわれ 授業料の仕組みをどうするかによっては裕福な家庭の生徒が集中する事になり 教育に関する保護者の意識の差や家庭環境によっては極端に荒廃する学校も増えることになるんだろう

市場原理の利益追求はますます盛んになり その真っ只中に “子供の教育” が晒される事になるのは目に見えている


“ 義務教育 ” のうちは 私立も公立もなく知恵を合わせて 均質で上等な教育を平等に提供する学校教育の仕組みが大切で 保護者の意識の低さは 即 児童虐待 というくらいの厳しい徹底した大人社会を創りあげることこそが大切と考える のだが



ど〜思う?
  1. 2007/09/29(土) 00:05:36|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

なでしこJAPANの横断幕・・・

2007.09.28 Fri

日本女子サッカー代表チーム 『 なでしこJAPAN 』

17日 中国 杭州で行なわれた女子W杯1次リーグA組ドイツ戦
0−2 で敗れ 決勝リーグ進出はならなかった

試合後 ブーイングを受け続けた観客席に向かい整列し
“ ARIGATO 謝謝 CHINA ” の横断幕を掲げ 深々とお辞儀をした

この行為が中国国内で論争に発展してるとか


このど素人は この横断幕を掲げる行為もその内容も まったく余計なことだと言いたい
一次リーグで敗退する弱いチーム おとなしく帰ってくれば良い

横断幕の内容も なんだか わざとらしい 

ブーイングを受けようが観客席に向かって整列し 感謝の気持ちを込めて深々とお辞儀をする それだけで良い 

それが日本の潔さだ


中国の観客のマナーの悪さは いま始まったことではない


ど〜思う?
  1. 2007/09/28(金) 08:19:48|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

放置しないで・・・・

2007.09.27 Thu

二年あまり前に粉砕骨折してから 乗らないために腐ってしまった自転車

本日 区の粗大ゴミ回収に来てもらい

アパート前の持ち主不明の放置自転車ともども スッキリ片付いた

申し込んでからほぼ一ヶ月 時間はかかったが
持ち主不明の自転車に関して “処分する” の警告も一定期間出せたし

何しろ安い 一台500円 粗大ゴミ処理券 200円券と300円券を一枚づつ買って張るだけで良い


2台で1000円 千円で玄関先がスッキリ

玄関先でも ごみ収集場所でも 指定した場所に来てくれる

今 至るところに放置される自転車が 公害になっているが


自分の自転車くらい 自分で片付けよう
たった500円の正しい手続きで片付くのだから



ど〜思う?
  1. 2007/09/27(木) 18:04:04|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

先生の役目・・・・・

2007.09.27 Thu

世の中に 絶対に不正が出来ない仕組み なんてありっこない

年金問題 職員の不正

舛添厚生労働大臣の奮闘を冷ややかに見下し
『 絶対に不正の出来ない仕組みづくりこそが大切だ 』 なんて言い張る 識者?

ナントカ大学の教授など

絶対に不正や殺人を起こさせないには
人間の良心・倫理観の教育しか方法がないのは解っているはず


つまりは したり顔で他人の批判をしている あんた達の役目なんじゃないのか



ど〜思う?
  1. 2007/09/27(木) 00:05:22|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

死刑執行命令書 って・・・

2007.09.26 Wed

鳩山邦夫法務大臣
以前 「 凶悪犯罪の未然防止に果たす役割は大きい。 死刑廃止論にはくみしない。 」
「 死刑を科すと裁判所が判断すれば 私は重んじる。 」
「 死刑執行については やっぱり犯罪の未然防止 凶悪な事件を起こせば自分の命が絶たれる。 死刑制度があり それが執行されるということがあるから 思いとどまる。 だから死刑は廃止してはならないし 死刑執行も止めてはならない。 それは安全な世の中をつくるための第一歩です。 」
などと述べていたのじゃなかったのか

この鳩山法相 つい最近  死刑のサインは嫌だ 自分とは無関係に自動的に客観的に死刑執行されるようにならんもんか の様なことを口走った

おいおい 往生際が悪いぜよ

死刑は最終的に法務大臣が 『 死刑執行命令書 』 に署名し
実際に執行するのは拘置所の職員だ

この法治国家で 法務省のトップが責任を一身に背負わなくてどーする

誰がボタンを押したかわからなくするのは 実際に執行する職員にこそ必要な配慮であり それでもその罪悪感を少しでも解消するためにも “ 法務大臣の責任における執行命令 ” であることが大切になるわけだ

法務大臣だけでなく閣僚たちは それ程大きな責任を担っているってことだ

なんでもいーから閣僚ポストを そろそろ順番で なんてゆー古いだけのクズ議員にできる仕事ではない

今度の組閣でも何人かは その類のよーだが



しかし最近の凶悪犯罪 死刑では甘すぎる ってのが 多くないか

無差別に通りがかりの女性を拉致し ガムテープで頭をグルグル巻きにし 顔を見られたからと ハンマーでその頭を殴って殺害した三人組 一人が “ 死刑は嫌だ ” ってんで自首して 捕まったヤツら

こんなヤツら 死刑では甘すぎるだろう 同じようにそいつらの頭ガムテープでぐるぐる巻きにして 被害者の遺族らにハンマーで殴らせてやればいい 死ぬまで殴らせてやればいい

などと このど素人は思っている

死刑廃止なんてトンでもない と思っている 今日この頃なのだ


ど〜思う?
  1. 2007/09/26(水) 19:45:41|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

その悲劇から1年足らず・・・

2007.09.26 Wed

昨年 8月 福岡市の飲酒運転車追突事故で 3人の子どもを失った夫婦
9月16日に第4子を出産 21日退院 のニュース

この事故の悲惨さと悪質さは 社会に衝撃を与え 被害者には同情が一身に集まり 道路交通法は改正され罰則が引き上げられた

夫婦のその悲しみははかり知れなく 何度も何度もその悲痛な様子が報道されていた
父親など 仕事も手に付かぬほど 悲しみに打ちひしがれていたはず

このど素人 今でも その悲惨さに心から同情し 加害者への怒りも我がことのように感じる


・・・・・・と思っていたら

まだあれから一年足らずで・・・・・・・・次の子が生まれた・・・って


ま おめでたいことは確かだが・・・・・・

それをマスコミに取り上げられて 電波に乗せて 世間に披露して・・・・
おめでたい おめでたい って・・・・・

このど素人は その神経を疑うのだ  なんだか気持ちが悪い


もう マスメディアに登場するのは これっきりにして欲しいもんだ



ど〜思う?
  1. 2007/09/26(水) 00:23:45|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約