踏まれた側が・・・・

2007.06.30 Sat

近頃 『 江戸しぐさ 』 なる言葉をよく目にするもんで

越川禮子 著
商人道「江戸しぐさ」の知恵袋
                  を読んでみたのです

『 江戸しぐさ 』 とは 著者の師・芝三光(あきら)氏が名づけたものらしいが

武士階級に『武士道』があったように 江戸の町衆(町人のリーダー的な人)たちにも“ノーブレス・
オブリージュ(自己の身分に伴う義務) ” の精神に基づいた『商人道』 があり それが
『 江戸しぐさ 』 なのだと

江戸の町衆たちが 商売繁盛のため知恵を絞り 工夫して築き上げた 人間関係を円滑にする為の教えで
その根本には 「 この世に生きている人間はみんな 仏さまやご先祖さまに見守られながら生きているのだから お互い教え合い 助け合い 楽しく 明るく いたわり合って暮らしていこう 」 という 互助・共生の精神 があるという

また 「江戸しぐさ」 の “しぐさ” は 仕草・仕種ではなく “考え方・ 心構え” であり 瞬間的に 言葉遣いや表情 身のこなしとなって表れるもので 「クセ」にまでなっていなければならない という

狭い道ですれ違う時 肩を引き合って胸と胸を合わせる形で通り過ぎる 『 肩引き 』
雨のしずくがかからないように 傘を傾げ合って気くばりをする 『 傘かしげ 』
など 稚児しぐさ のほんの一端で つまり子供でもクセになっていて当たり前に実践できる
これが「 江戸しぐさ 」 である

なるほど なるほど もっとも の「江戸しぐさ」 が この本には満載である


企業の社員教育や学校の道徳教育に続々採用! なんて オビにもある

『武士道精神』と並び この『江戸しぐさ』 を 現代の道徳教育に採用する事に 大賛成である


そういえば 混み合った電車で誰かに足を踏まれた時 踏んだ側はもちろん「ごめんなさい!」 踏まれた側も思わず「スミマセン!」 これって “江戸しぐさ”   笑ってしまうが お互いに平和な気持ちになる
それが 「踏まれた側なのに 何で謝るんだ」 となり  ついには「電車が揺れたのが悪いんだ! 俺に責任はない」 なんて 踏んだ側も謝らなくなる

権利ばっかり主張する 訴訟社会の 謝ると不利になる 的な風潮がぎすぎすした世の中にする


踏まれた側が 思わず謝って どこが悪い〜!!



どー思う?
  1. 2007/06/30(土) 23:58:32|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

四権分立

2007.06.28 Thu

産経新聞【 コラム・断 】『四権分立』思想を現代に (評論家 片山杜秀) より

満州国時代に試された 『 四権分立 』 構想 というのがあった
立法・行政・司法 に “監察” を加える というもの

“監察” は 他の三権から独立し
官庁以下の公的機関の仕事内容・会計・不正 を見張る

権力に自浄力はない 事件が発生してから検察が捜査するのでは遅い という考えに基づいたものだ

おもしろいね

満州ではうまく機能しなかったらしいが 

社保庁の年金問題や 事務所費問題など 見張ってりゃなんとかなったかも って気にもなる

ただ 朝鮮総連中央本部ビルの不正売却問題に
“元公安調査庁長官” や “元日本弁護士連合会会長” なんてのが関わってる なんてのを聞くと

今のままの日本人では 監察組織を 公正に 果敢に に機能させることができるのか ってことになるんだな


・・・・・・・・・・・・ ま 『 武士道精神 』 を シッカリ教育してからだな(毎度おなじみ)



どー思う?
  1. 2007/06/28(木) 00:04:52|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

国賊的行為

2007.06.27 Wed

我が愛しの北海道

苫小牧の 大バカモノ食肉加工販売会社「ミートホープ」

弁解の余地はない

日本の食品の安全を 根底から覆す事になった呆れ果てた所業

取り返しはつかない 謝ってすむ問題でもない

一族郎党 雁首そろえて 腹を切りやがれ

食にたいする不信感がつのり あらゆる食品の緊急検査が 例によって始まる
無差別にDNA鑑定なんぞやったもんなら いろんな製品の中から 偽装食品 不正表示の食品が次から次へと・・・・・・
なんてことにならないことを祈るばかりだが

しかし日本の経営者のモラルはどーなった
アメリカの牛肉のBSE問題 中国の輸入食品の農薬残留問題など 世界と食の安全についてしのぎを削っているさなか この日本人のていたらくはどーしたもんか

「 食の安全 安全と騒いじゃいるが 日本だってやってる事はいい加減なもんよ 」 なんて
今の中国あたりに言われる事は なんとしても我慢ならん

国賊的行為と言われてもしょーがないだろう

どうしても倫理観が期待できないなら せめて日本を貶めない為だけにでも 恥知らずな行為をやめようじゃないか

もう 愛国心(のようなもの) に頼るしかないな




ま 遠回りと思うかもしれないが 一からの教育 しかないんだろーね・・・
“武士道精神” の教育 これしかないな・・・・・



・・・・どー思う?
  1. 2007/06/27(水) 00:11:11|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

藩校 『致道館』

2007.06.26 Tue

17藩の旧藩主末裔たち集合 “庄内藩”で 藩校サミット のニュース(読売)

末裔たちに興味はないが
庄内藩 藩校 『 致道館 』 が気になる

1805年 庄内藩主で酒井家九代目 酒井忠徳(ただあり)により創設
徂徠学を採用し 自主性尊重 質実剛健の教育文化を育む

『 致道館 』 は 論語の 「 君子ハ学ビテ以テソノ道ヲ致ス 」 から命名された

徂徠学とは 『儒学者 荻生徂徠』の教えであり
生徒一人ひとりの生まれつき持っている能力(天性)を大事にし その優れたところを十分に伸ばし 自分から進んで積極的にに学び 考え 理解し それを実際に生かす教育を行なったという

『致道館』には 武術けいこ場 矢場がそれぞれ2つ 馬場1つが併設されており 剣術・柔術・弓術・槍術・馬術の修練を行なった

また 心身鍛錬の為 野山に出かけ「鳥さし(竿の先のトリモチで鳥を捕まえる)」や「磯釣り」をしたり
「遠足」と称し ヤリ・鉄砲を担ぎ 握り飯を持って 夕方出発し24時間歩き通す なども行ったという

句読所(小学校)の遊びで 『 王取り 』というのがあったというのだが これが面白い
今だとヒステリックなバカ親どもの即餌食になり 考えられない遊びだが

2陣地に別れ むしろに巻いて隠した相手の「王」を 速く奪った方が勝ち というもので 取り囲んで「王」を守る子供たちと 攻撃してくる子供たちがぶつかり合う
ルールは 「目に指を入れない」 「噛み付かない」 のみ 殴る蹴るは当たり前 というもの
終わった姿は もう ボロボロ 鼻血 青アザ キズだらけ 着物はズタズタ チョットした骨折ぐらいはあったに違いない
想像すると笑ってしまう

『 致道館 』 の設立には 初代の祭酒(校長)兼 司業(副校長)を務めた 白井矢太夫 という
人物が 深く関わる

この 白井矢太夫(1753〜1812) が実に興味深い

当時 庄内藩は藩財政が窮乏し 農村も荒廃していた 武士たちも奢侈に走り堕落し 私腹を肥やす役人も横行し始めていた

これに頭を悩ませていた藩主酒井忠徳は 郡代であり思慮深く優れた学者であった 白井矢太夫 に意見を請う

『 これは穏やかな世が長く続いて 人々の心が柔弱になり 廉恥の心が薄れたからで 急には直らないと思います 回り道のように思われるかもしれませんが 学校を建て 教育をするしかありません それによって さきざき 人々が恥を知るようになれば 風紀の乱れは自ずと改まります 』

忠徳 はこの考えを迷わず取り入れたのである

幕府が「朱子学」を正学としていた時期にあって 『 徂徠学 』 を採用したのも 徂徠学を学び継いできた 白井矢太夫らに対する信頼がいかに厚かったかがうかがえるというもの

白井矢太夫らが中心となり 農政改革し藩財政を立て直し ついに庄内藩は神田大黒の異名で呼ばれるほどになったという 藩主の信頼ますます厚く中老にまで昇進している

『 致道館 』 を卒業する者は その能力に応じて 藩の役が与えられ やがては生徒たちの間に 学問を大切にし 行ないを慎み 積極的に行動する気風が生まれ 武士たちの振る舞いも改まった という


どーよ この 白井矢太夫 の 『 致道館 』 の精神と手法は

借金まみれの国家財政 堕落しきった政治家 官僚 役人どもが横行する現代に

回り道と思うかもしれないが 学校を創り 教育を一からはじめ
天性を生かした有能な指導者を育てるというのは 参考になりはしないか

そうして さきざき 人々が恥を知るようになるなら 風紀の乱れが自ずと改まるなら
今すぐに始めるべきだろー

既存する学校でダメなら 新しい 『 致道館 』 を創っちまおー

『 武士道精神 蘇える 』  ってもんよ



どー思う?
  1. 2007/06/26(火) 00:26:35|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

弱くなってる?・・・

2007.06.25 Mon

イタリアの有力全国紙に掲載されたという
世界最大手の避妊具メーカーが26カ国の男女2万6032人を対象に実施した
セックスの回数についての調査結果

「色事にかけては世界一」を自認するイタリア人が 「世界一の色事師」ではなくなった のニュース

『 一週間に最低一回は 』の問いに 『 イエス 』と回答した割合

ギリシャ人 87%を筆頭に ブラジル人 ロシア人 中国人 に次いで イタリア人76%と5位に甘んじた
フランス人70% ドイツ人68% 英国人55% 米国人53% は上回った事で面目を保ったんだと
ちなみに 日本はいつもビリなんだって34%

しかし 75%のイタリア 34%の日本 両国とも 先進国の中で最低の出生率 というのが不思議である ときたもんだ

このど素人 そのテのことには トンと疎いもんで
へぇ〜 ・・・・ん?  って感じ

何といっても昨今の日本人 自制心が弱く 我慢がきかない あらゆる我欲優先の傾向にあり
欲求のままに 暇さえあれば性欲の解消に励んでおるのか ぐらいに思っていたんだが

どうやら自制心や責任感だけでなく 性欲も弱くなってるってことなのか


最後に イタリア人は このテのことではいつもビリの日本人 を からかう事を忘れないんだと



どー思う?
  1. 2007/06/25(月) 00:12:09|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

公務員の労働組合?

2007.06.24 Sun

社保庁の腐敗問題
その腐敗の根源とも思える自治労の実態とその影響力

このど素人 恥ずかしながら 公務員の労働組合の存在など考えもしなかったようなわけで

一般企業の労働組合は 労働者の職場環境や待遇の改善・悪化防止の為 経営者側の営利追及に対抗し 折衝してバランスをとるために必要なのだろーが

公務員にはどーよ

公務員にだって 職場環境や待遇を守る権利がある?

だって お役所なんだから 『労働基準法』 という後ろ盾があるじゃないか
民間企業のお手本になるように 『労働基準法』 を遵守すればいいんじゃないの

それでも 労働組合が必要ってゆーんなら

その折衝相手は 我ら国民だぜ 税金から給料払われてるんだから 雇い主は国民だぜ

無茶を言うつもりはないが
1人1日平均5000キータッチ とか 労働時間の増加は断固許さないくせに必要な経費は十分に措置しろ なんて
国民はそんな事絶対許さないぜよ

『 普通に 当たり前に仕事をしろ 』 ってことよ

ま ここまでは 無知など素人の戯言 だとしても だ

そんなロクでもない 『 全日本自治団体労働組合 』 の実態について マスコミや政治家の追及の甘さは どーしたもんだ
なぜ “ 解体 ” を叫ばんのだ いつもの威勢はどーした 


そういえば 『 日教組 』 ってのも公務員の労働組合だわな
これも評判悪いが 実態はどーなってんだ どなたか正確なところを・・・


『 日本の教育をダメにしたのは 教師が 聖職者の道を捨て 労働組合なんぞを作って
サラリーマンに成り下がったからだ 』

このど素人は この考えにまったく同感である


どー思う?
  1. 2007/06/24(日) 00:15:54|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

警鐘

2007.06.23 Sat

想像できないよーな事件や大きな事故が起きるのは きっと 驕りきった人間社会に対する
“ 警鐘 ” なんだと 思うことにしてる

犠牲となった人たちの命は 幸運にも生き延びている我らに 尊い教訓をいつも残してくれているんだな

都心のオアシス 『 シエスパ 』 の 爆発事故

原因などだいぶ明らかになってきたが
責任の所在は というと 相変わらずはっきりしない
権利は主張するくせに 責任はとろうとしない いつもの構図だ

しかし そもそも安全に関する規制や基準がはっきりしていないんだから 責任がはっきりしないのは当然だろうな

『シエスパ』 を運営ししてた 『ユニマットビューティーアンドスパ』 は 保守管理を 『日立ビルシステム』 に委託し 『日立ビルシステム』 から 『サングー』 に下請けさせていた
『シエスパ』 の 土地・建物を所有するのは 『ユニマットグループ』傘下 の 『ユニマット不動産』で この『ユニマット不動産』が 東京都に温泉掘削の申請をし
掘削工事をした掘削会社 建物を建てた大手建設会社 などなど これだけでも何処がなにやら

この中で今回の爆発事故の可能性を本気で懸念したものがいたのだろうか

尊い三人の命は それを教えてくれた そーでも思わなきゃ浮かばれないってもんよ

全国の同様の施設は 慌てて安全点検をやりはじめ
国や都は 大慌てで 安全基準をつくりはじめる これもいつものことだ

しかし役所というのは
環境省は 温泉施設の源泉の保護や成分表示のルールのみ
厚労省は その衛生管理のみ
国交省は 建物の基準のみ
などと どこも責任をとろうとはしない 今始まった事ではないがまったく呆れ果てる
だいたいこの営業を認可したのはだれ? って話よ


今回 このみんなが しらばっくれる “温泉くみ上げ装置のあるB館の地下” が
本館の地下になかったことは ほんとうに 『 幸運 』 だった ということを肝に銘じなきゃなるまい

ロクでもない役所のシクミも含めて 今後の安全に万全を尽くす基準や規制を作っていくよりほかに 犠牲者に報いる方法はないんだろうな

しかし いい加減 『 法律や規則で決まってないからやらない 』 の 根性を 何とかしなきゃーな



どー思う?
  1. 2007/06/23(土) 00:19:15|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約