父母の恩愛を奉謝する

2007.05.25 Fri

おぞましい事件が続く
親が子供を死なせ 親が赤ちゃんを捨て 息子が母親を惨殺する

心理学者も 精神科医も 学校のセンセも トモダチ?も
犯行理由なんぞ説明できるものではない 理解の範疇を超えている

人間の驕りや横暴が地球環境を破壊しつつあるように
家庭環境も親子関係も崩壊しつつある

人間の精神の根底が病んできているような・・・ 


こんな時 わが敬愛する 山岡鉄舟 の 武士道を説いた言葉が 腹に沁み入る
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
道理をわきまえるなら、わが身体は全部 「われ」 のものではないことが明瞭。
各自が自ら天地の風気に呼吸できない間は母体を害してそこに十ヶ月、 母の息風(いき)、血乳をもって自分の糧となして発育し、 月満ちて分娩すると、 医師、産婆、保母、おしめとて、ひととおりならぬ鴻恩(こうおん)を受け、 ようやく物を見、物を食うに至るまで父母家族の恩愛というものは、言い尽くすことができない。
このようにしてようやく発育したのは、父母の恩愛の結合物であって、その結合物の活動するもの、すなわちこれが各自の身体である。
故にその父母恩愛の慈悲精神を除き去れば、 ただひとつだに 「われ」 というもののあることは
ない。これが無我の真理。
父母の恩愛を奉謝する。これすなわち武士道と申す。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
古臭くても 偏っていてもいい
宇宙の真理 人が生まれ存在する真理 である

こんな精神を少しでも持ち合わせていたなら こんなおぞましい事件は起こらないんだろう



120年余以前の日本には こんな 『武士道』 を説いた 男 が確かに存在し
多くの門弟たちや 維新の主役たちにまで 多大な影響を与えていたのだ




どー思う?
  1. 2007/05/25(金) 01:14:07|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

なぜ保護責任者遺棄罪に・・・

2007.05.24 Thu

熊本慈恵病院の 『 赤ちゃんポスト 』
何度かここに書いたが 賛否ある中 運用が開始された

早速 3歳くらいの男児が 父親によって置き去りにされた

『赤ちゃんポスト』が正しく機能したことが証明された?
保護責任者遺棄罪にはあたらない?
バカも休み休み言え ってんだ


想定外だった?
これはこのど素人も想定外だったから 文句は言えん

設置自体には釈然とはしなかったのに  それでも 本当に困った親が止むを得ない事情で この 『コウノトリのゆりかご』 を 使って 親も子も救われるのなら やってみる価値もあるかと しぶしぶ己を納得させたと言うのに・・・・

父親は 3歳の物心ついた息子に よーく説明したらその意味を理解するほどの歳の息子に「お前を捨てます」という 愚行に及んだのである 想定などできるはずもない

なぜ 保護責任者遺棄罪にあたらない?

刑法218条
老年者、幼年者、身体障害者又は病者を保護する責任のある者が、これらの者を遺棄し、又はその生存に必要な保護をしなかったときは、3月以上5年以下の懲役に処す。

「危険な状況ではなかったから」 って 当たり前だろう 危険な状況だったらこの設置そのものが問題になる

父親は “ 3歳の男児を保護する責任がある者 ” であることは間違いないだろう
“ その男児を遺棄した ” 事も確かだろう  この時点で保護責任者遺棄罪成立だろーよ

こんなバカ親は ローヤに放り込んだほうがいいに決まってる  見せしめでもいー

放っておくと この『赤ちゃんポスト』おそらくロクでもないことになるぜよ


バイクの座席の下のヘルメットを入れるスペースに子供を詰め込んでおいて 遊んでいるうちに死なせてしまった なんていうトンでもないバカ親もいる

ゴミ捨て場にへその緒がついたままの赤ちゃんが捨てられていた なんていうニュースも

どーなっちゃってんだー
これはもう 常識の対処では追いつくまいよ

見せしめの為にも 片っ端から極刑に処すべきと思うが

どー思う?
  1. 2007/05/24(木) 00:05:59|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

流れ弾

2007.05.23 Wed

愛知県長久手町立てこもり事件で死亡した
林一歩警部 =二階級特進= のニュース

例によって手を変え品を変えの報道だ
事件の事より 林一歩警部 の事をである ま 毎度のことではあるのだが 
しかし 今回のは 何かしら釈然としないんだな

彼の名誉の為にも もう ソッとしてやったらどーだ

彼が将来有望な 有能な若者だった事はわかる

どれ程優秀だったか どれ程正義感強かったか どれ程みんなに愛されていたかなど
葬儀の時の上司 同僚の言葉が流される様子も
犯人がくだらねー奴だった って事も
マスコミが凝りに凝った演出で 報道すればするほど

このど素人は 『 犬死に 』 『 流れ弾 』 の思いが強くなり しらけてしまう

5時間も放置した負傷警官 救出に行く隊員と それを守る為に楯を持って進む隊員 少し離れた位置に待機・援護する隊員 彼らの前には楯もある

死んだのは 最前線の隊員ではなく 待機・援護の隊員だった

素人が考えても これは油断 気の緩み 以外の何ものでもなかろう

死者に鞭打つ気はないが 必要なのは 本人の反省と 作戦の反省と その責任者の反省で それはもう十分解っているはず 悔やんでも悔やみきれない思いだろう
そういう意味で尊い犠牲者であることに変わりはないが

だからこそ
『 銃を持った男が人質を取って立てこもった凶悪事件の解決にあたり 殉職した 将来有望な若者 林一歩 という男がいた 』
ということで良いではないか

もうソッとしといてあげようよ

と思うのである


どー思う?  
  1. 2007/05/23(水) 00:16:26|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

まさに正論と存じます・・・・が

2007.05.22 Tue

さすが 一貫した反対意見を頂きました
腹黒光り殿 まさに正論と存じます それを承知の上で・・・

まず 創意工夫のない弱音を吐くような農家はもう退いているのです
総てとはいいませんが 今の農業経営者は強者ばかりです
経営体質ばかりでなく経営意欲の面でもです それと肝心なのは 農地の地勢です

比較的平らで便もよく 土質 (この差は大きい) の良好な土地を所有しているということです これは規模の拡大 機械化 コストの削減が容易な土地ということなんです だから生き残れているんです 市場競争です

つまり農地が減り 1960年に80%近くあった食料自給率が40%まで下がった背景には 国の政策の失敗は勿論あるが その政策に翻弄されながら 世間から過保護の非難を受けながら 市場競争で淘汰された という結果があります

今 担い手がいなく 荒れている農地というのは 比較的山間部の傾斜地や 交通・水の便が悪く 土質も良くない土地 と言っても良いのです つまりプロである農民たちにしても採算の取れる経営が難しい土地 といっても良いのです
未来に希望が持てないから後継者は土地を捨て農業を辞めるのです
これはご時世です 情報はイッパイあります 農業の創意工夫に関する情報・ヒントもイッパイあるはずです それ以外の魅力ある情報も山のようにあります その中から農業を捨てる道を選んでも責められるものではありません

新規参入も確かに自治体によっては積極的でないところもあるようですが いかんせん残された土地が前述のような条件が多いことから まともな経営プランも立てられないようなことも多いのでしょう
近所の農家に聞くと『あの辺の土地を買って農業やろうって言ったって絶対無理』と言い切ります 『そんなに甘くない』ときっぱりいいます

いま後継者がいなくて将来の農業が心配だとか 食料自給率がどうだといっているのは 政治家やエライ先生たちで その人たちが ちぐはぐな政策を打ち出し 実際の農家はその政策を利用しながら あるいは振り回されながらうまくやってるという感じです

農業従事者たちは 実際に 行き当たりばったりの ちぐはぐな政策にかかわって 国が “ 日本の農業の将来 ” をどうしたいと思っているのか が見えない といいます

しかし そういう政策も結局は国民の総意であると思うんです 農民たちがどう思おうと大多数の国民が望む方向に進むんです 政策なんてそういうもんでしょう 政治がそういうもんです 世の中はなんだかんだ言ってもみんなが望む方に進むんです 現在はその結果なんです

良かれ と思ってやってきた結果が現在なんです

だから これからも良かれと思う政策など立ててやっていっても 視点を変えない限り同じ と思うんです


そこで 昨今の国際情勢 異常気象 大災害 世界各国のバイオ燃料による農業政策の転換 などを考えると やはり食料自給率40%というのが気になるわけなんです

食料安全保障上どうなのよ 何かがあって輸入が止まる様な事があったら ひとたまりもないだろうよ

実に危険な事ではないのか それは明日起こるかもしれないじゃないか と これは本気で思うわけです

とてもとても 正論を教育し 意識を変えて 農業を復興させて自給率を上げていくという 気の遠くなるような時間を待ってはいられないだろう となるわけです

そこで 手厚い保護で 農業に若者を引きこむという強硬手段に出るわけです 仕事はきついけど 就業時間も収入も 抜群に魅力的 にするのです

そのうち価値観に目覚めるものも出てきます 国民もその政策にも慣れて当たり前になります 日本の農業も食料自給率も安心 と言うシナリオなのです
とにかく 『 国家の安全 』 が最優先なのです 弊害はぼちぼち正していけば良いのです


勿論 正論の教育をしながらです 価値観に目覚め怠け者が減ってきたら こっそり保護政策を緩和していくのです

ちなみに今も日本の農業は保護されていますが それはアメリカと同等程度 ヨーロッパの3分の1程度の保護なのです 先進国が農業の保護をするのは当たり前なのです



どーでしょー このど素人の戯言
  1. 2007/05/22(火) 10:26:36|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

地方の衰退

2007.05.21 Mon

国と地方の格差
国は地方を支えるべきか
地方の衰退はこのままで良いか
NHKの討論番組で “しょうがない” の意見が思ったより多いのに驚かされた

このど素人は 『 国が(国民が) 日本をどういう国にしたいのか に尽きる 』 と考える

地方の問題は 食料の自給率 と深く関わる
極めて大雑把を承知で
“ 食料自給率 ” イコール “ 農業・漁業 ” イコール “ 地方 ” であろう

国の食料自給率をどうするか
この国際情勢の中で 国の安全・防衛という観点からも 40%の自給率でいいのか

食料の自給率 は 国の底力 だと思う

食料自給率が現状でいいというのなら 地方の衰退は止められまい

なぜなら 日本の農業・漁業は 世界の超大規模・超機械化農業 また安い労働力の農業には
到底太刀打ちできない これは明らかであろう
国は小規模をまとめて 生産効率を上げろ のような事を言うが
そもそも 日本の地形は 真平らな大規模・機械化農業には向いてないし それが日本の国土の
特徴であり美しさでもあるのだ

安い輸入に押されて 苦労ばかりで経済的にも成り立たないなら 小規模農家は土地を捨て都会に出て行くのは当然であろう

では 食料自給率が現状ではいかん 60% 80% 願わくば100% に上げていかなければ いざという時 国家の安全を守れない と考えるならどうだろう

これはもう 保護するしかなかろう

関税が国際的に問題あるなら 税金を使い補助金などで農業・漁業を保護するしかなかろう

そうでもしなきゃ農業・漁業をする若者など出てきやしない 苦労が多い割りに収入が少ない 経済的に苦しいでは 誰が職業にしようとするもんか
今の日本人の仕事に対する意識の低さを考えれば 『収穫の喜び』 『自然と触れ合って生きる事の喜び』 などの御題目は通用しまい 名より実である

今となっては 『 農業・漁業は 仕事は少々キツイが “ オイシイ商売 ” だ 』  とならなければ 職業にする人を増やす事はできんだろう
その昔 高度成長期 都会には夢があり豊かな生活がある 故郷に錦を飾る の野望を持って 誰もが都会へ出て行った それはつまり 都会には地方の現状にはない “オイシイ” 世界があったからに他ならないのだ


しかし 保護だ補助金だというと また甘やかしだとか 不平等だとか の批判もでようが
農民・漁民の保護が目的ではなく  国家の安全に関わる 『 国是 』 である と考えれば腹も立つまい

どうしても 羨ましい程の甘やかしと思うなら 転職して自分もその恩恵を受ければ良いのだ 


いつまでも食料を他国に頼り 必要なだけ輸入し続けることができるなんて事は あり得ないのだ



どー思う?
  1. 2007/05/21(月) 00:08:29|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

毛虫の季節

2007.05.19 Sat

近所の歩道沿いの植え込み

カンツバキの葉っぱに なんとも行儀の良いこと
行儀よく

チャドクガの幼虫 です

位置はちょうどオトナの胸の高さ コドモなら顔の高さ
これはいけません

触れるとカブレます

個人差あるものの 大のオトナでも病院送り なんてことも稀にあるのです

近頃は 過敏と言うか 過保護と言うのか 免疫力が低下しているのか
アレルギーなども蔓延しているし
このチャドクガの毒は要注意

かゆーくなります カブレます

抜け殻になっても毛の毒は残ります 風に吹かれて飛んできた毛でも症状出ます

触れてしまったら とにかく掻かずに洗い落としましょう 洋服も着替えましょう
それが一番です

こんな事はよくあることです
虫だって必死です

でも 免疫力が低下し 軟弱な肌になった人間たちを守る為には 駆除するしかありませんな

昨今 環境だ 安全だと非難の的になっている 薬剤散布
こんな時は止むを得んでしょう

家庭用のスプレーの殺虫剤でも十分です 見つけたら しゅーッ! しましょう
とどかなかったり 範囲が広い時は 業者に頼みましょ
どうしても自分たちで駆除したい時は 買って来た薬剤は “ 個人の責任 ” でシッカリ管理して 容器のラベルに書いてあるとおりの使い方をしましょう これ厳守です
特に “ 希釈倍率を正しく ” 近隣対策と 通行人対策をシッカリすれば 危険でも何でも有りません

厳密に説明すると長くなりますが そんなに神経質になる事はありません

それよりも特異な体質にチャドクガの毒 の方が心配なんです

ただ 人に影響がないなら放っておきましょう  隙を見て 風通しが良くなるような手入れをしてやれば良いのです
  1. 2007/05/19(土) 00:09:02|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

仕事に対する意識

2007.05.18 Fri

(株)SMIS (大手流通グループのマーケティングリサーチエージェンシー)
    世界意識調査報告 平成19年1月16日  より

世界24カ国の労働者 14000人を対象に調査し
24000サンプル から 統計をまとめたものがある

気になる部分を抜粋してみる

ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭)について
バランスがうまく取れていると感じている日本人は
韓国8% メキシコ9% に次いで下から3番目の 日本15%
(ちなみに上位は オランダ57% ルーマニア55% アイルランド50% )

うまく取れている やや取れているの合計は
メキシコ47% ロシア62% に次いで下から3番目の 日本70% 次いで中国73% 韓国75%

(上位は オランダ94% ルーマニア94% ドイツ93% ブラジル92% タイ92% )

ワーク・ライフ・バランスを改善する為に積極的に変えようとしたか の項目で
積極的に変えようとしなかった は
スペイン67% に次いで2番目の 日本66% フランス66% 次いでオランダ65% ポルトガル65%


現在の仕事の満足度 について
非常に満足 は  最低の日本3% 次いで韓国4% 中国11% ドイツ11%

非常に満足 やや満足 の合計は
韓国34% に次いで下から2番目の日本43% 次いで中国63% ブラジル72% ロシア74%

(上位は オランダ95% スイス95% タイ93% アイルランド92% フランス92% )

『満足』 と答えた人に 何が満足か って聞くと
「なにが って・・・  特に無い・・・ 」 みたいな感じが データからはうかがえる これは24カ国中 韓国と並んで際立っている

では 不満な人に なにが不満なの? って聞くと
日本は 「昇進」に関してはスペインに次ぐが 「給料」「評価」「興味」「仕事の確保」など どれに関しても24か国中トップの不満度である

(ちなみに 韓国は不満度も低い 完全に無関心 諦めムードってことか)

日本人ってのは
『 仕事と家庭のバランスは取れていないと感じ だからと言って 積極的に改善しようとはせず 今の自分の仕事には満足できず 不満だらけで 満足してる人も 取り立てて何が満足 ってことも無く・・・』
ってことになる

就職難だ 格差社会だ ニート問題だ パート労働者がどーの と 叫ばれる日本の 仕事に対する意識の一端を 垣間見る事ができる


ただ 中国 韓国 ロシアなど何かと問題の多い国と比べて 日本人の意識のレベルって・・・・・・・・それほど・・・・・・



どー思う?



  1. 2007/05/18(金) 00:27:10|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約