『 八栄八恥 』 の・・・

2007.04.30 Mon

去年あたりから国を挙げてキャンペーンを張り
大人にも子供にも徹底教育しているという
胡錦濤国家主席が掲げる 社会主義栄辱観
『 八栄八恥 』 の道徳教育

 《栄光》        《恥》
 祖国熱愛  /  祖国危害   (祖国を愛するは栄光 祖国に危害を加えるは恥)
 人民奉仕  /  人民背離   (人民に奉仕するは栄光 人民に背くは恥)
 科学崇拝  /  愚昧無知   (科学を尊んで栄光 愚昧無知は恥)
 勤勉労働  /  安逸怠惰   (勤勉に労働するは栄光 楽をして労を嫌がるは恥)
 団結互助  /  損人利己   (団結して助け合うは栄光 他人を傷つけ自分の利を図るは恥)
 誠実守信  /  道義忘却   (誠実に信用を守るは栄光 利に目が眩み義理を忘れるは恥)
 法律遵守  /  違法乱紀   (規則を尊び法を守るは栄光 法を犯し風紀を乱すは恥)
 刻苦奮闘  /  驕奢淫逸   (刻苦奮闘するは栄光 驕り贅沢し生活乱れるは恥) 

儒教が基本の道徳観らしいが どれをとっても文句なし

中国政府側の思惑と 現実の中国人社会の実態は別としておいて

これを子供たちに徹底教育しているというのは
実に歓迎すべきことだろう

あの尋常ではない反日感情も教育によってうえつけられたのだから

その勢いで上の道徳観が教育されるもんなら

将来 少しは冷静に賢い判断をする中国国民が増えていくんじゃなかろうか

しかし中国国民の現状を上記の『八栄八恥』に照らし合わせるなら
七勝一敗で “ 恥 ” が圧倒的な勝利

北京五輪 に向け 必死で取り繕っているが どこまで巻き返せるものやら


どー思う?
  1. 2007/04/30(月) 00:35:54|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

『 そーれっ! 』 って・・・

2007.04.29 Sun

見たくもないスポーツ その2

ビーチバレー

ありゃ 海水浴に行ったときの遊び だろ

どこのどいつが オリンピックの種目なんぞにしちまったんだか

だいたい 女子のあのユニホームはなんだ

ただの水着だろ
そこまで露出する必要があるのか

チョット見 可愛いペアで

観客の好奇の視線があって オタクっぽい輩が大口径のレンズを向ける

意識してか せずにか 1プレーごとに いちいち胸のあたりやケツのあたりを気に掛ける選手のしぐさ

まったく 鬱陶しいったらありゃしない
あんな スポーツ があってたまるか

あんなものは仲間うちでナンパしたねーちゃん相手に 『そーれっ!』 っていう類のもの

ロクなもんじゃねえ


認識不足か?



どー思う?
  1. 2007/04/29(日) 00:41:35|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

一人静かに・・・

2007.04.28 Sat

自殺志願の方々へ

他人には言えぬ辛い事情があるのでしょう。
他人には理解の出来ぬ 複雑な事情もおありでしょう。

あなたの死への願望を取り去る術などないのかもしれませぬ。
誰にも止められないのかも知れませぬ。



ならば 身辺の整理をし 願わくば死体の片付け代・葬儀代など準備し 遺書の一つも書き遺し
一人静かに事に及びなされ。

間違っても
電車に飛び込んで 警察官など巻き添えにしたり
火をつけて 望まぬ者を道連れにしたり
飛び降りて 見も知らぬ通行人を巻き込んだりしてはなりませぬ。
  1. 2007/04/28(土) 00:20:58|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

裸眼合格

2007.04.27 Fri

私事 本日免許更新に臨み

近頃 視力の衰えを実感する由

2〜3日前より 目の節制・養生に努め
視力検査に挑む

甲斐あってか 裸眼にて合格

優良ドライバーにつき 本日より5年間
鬱陶しい眼鏡の使用を免れ

実に 喜ばしい次第


ご報告まで
  1. 2007/04/27(金) 19:00:29|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

・・・だったり

2007.04.25 Wed

最近チョット気になる
『○○だったりぃ ××だったり △△だったり・・・』 っていう 言い回し

流行ってるのか いたる場面で耳にする

それほど重要な ○○でも××でも なかろーに
もったいぶった言い回しが鼻につく


『○○や××』
『○○と××』
へたすりゃ 『○○など』  で済むだろーよ


どー思う?
  1. 2007/04/25(水) 00:08:22|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

浮かばれないのは・・・

2007.04.24 Tue

長崎市長選。
急きょ立候補した 伊藤一長前市長の娘婿が落選。

当選したのは 同じく急きょ立候補した 統計課課長。


伊藤一長前市長射殺事件の マスコミや政治家の取り上げ方をみると この事件を政争の具にしているのは見え々だったし その事は前にも書いたけど。

“ 弔い合戦 ” だなんていって娘婿が立候補 ここにもなにやら政治的な思惑ばかりが・・・。

そして 落選・・・・。

その時 娘は 『 市民の皆さん 父伊藤一長は長崎にとって この程度の存在だったのですか 』 『 父の愛した長崎から こんな仕打ちを受けるとは・・・ 』  『 父は浮かばれません 』
と言い放ったもんだ。

何たる言い草。

そして 市民の賢明な選択。

この市長選そのものに さらには伊藤一長氏自身の政治家としての実績・信条にまで泥を塗る
下品な格調の低い発言だった。

確かに 娘のこんな言葉を聞いた“父は浮かばれません”

どー思う?
  1. 2007/04/24(火) 00:09:23|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

生きている阿弥陀仏・・・

2007.04.23 Mon

1860年 幕府最初の遣米使節団
井伊大老の命を受け 日米通商条約の本書交換のため派遣

正使新見豊前守正興(しんみまさおき) 副使村垣淡路守範正(むらがきのりまさ) 目付小栗忠順(ただまさ) 仙台藩士玉虫左太夫 総勢80名

アメリカ人の日本使節団に対する印象は 詩人ホイットマンの詩におなじみで 前ここにも書いたが

では その時 訪米した日本人の目に 外国人はどう映ったのか
資料は少ないようだが チョット面白いので
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       
          鈴木荘一著『開国の真実』 より 抜粋   してみた
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

副使村垣範正が 首都ワシントンで大統領ブキャナンと会見した時の印象
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ブキャナン大統領は七十歳余りの老人で 白髪温和であり 威厳もある。 アメリカ大統領は四年目毎に国中の入札(選挙)で定める由である。 (アメリカでは)上下の別もなく 礼儀はまったく無いので 狩衣を着たのは無益な事であった。 しかし新聞に今日の狩衣の様子が絵入りで報道されており はじめての外国への使いを果たしたのは男子に生まれた甲斐があったというものだ。』
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目付小栗忠順の従者福島義言19歳
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『アメリカは新興国で人の気質は温和であり正直であるようだ。 高官の者もみだりに下人を侮ったりしない。 平民は高官にへつらうことなく 国は富み民は安らかに生活している。 外国を犬馬のように賤しいと考えてはずかしめるときは 彼から不仁不義の名を得るだろう。 彼に対して仁義の道で交わることが大切である。 そうすれば彼も長く我を尊敬し 日本を奪おうなどとの志を絶つであろう。』
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

能力も人間性も尊敬に値しない上司にでも 礼儀 身分が絶対の武家社会で育って それでも開国派で革新的思考をもっていたであろう遣米使節のメンバーにとって  イエスの下に皆平等が根付くある意味 民主的なアメリカ人社会のうわべを見れば それはもう別世界で なんて素晴らしい社会なんだろう と思ったんだろーな

黒人奴隷問題を抱え じきに 同じ民族同士が南北に分かれて南北戦争を始める なんてことは 知る由もないんだもの・・・


彼らを乗せた米軍艦ボーハタンはアメリカに向かう途中 石炭補給のためハワイに寄港している

村垣範正の はじめて会ったハワイ人の印象は かなりの衝撃だったようだ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『(王妃は)容顔色は黒しといえど品格おのずからあり。 両肩をあらわし 薄ものをまとい 乳のほとりをかくし 腰の方より末は美しき錦の袴のようなものをまとい 首にはつらねた玉の飾をつけ 生きている阿弥陀仏か と疑うばかりである。』
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正装が十二単の日本人女性に比べ その露出の多さに きっと目のやりばに困っただろーね

見るもの聞くものことごとく新鮮で刺激的だったろーし それらは西洋文明に毒されていない日本人の純な心に何の抵抗もなくスーッと入り込んだに違いない

良くも悪くも・・・・・

  1. 2007/04/23(月) 01:05:58|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約