広告塔も・・・・・

2007.03.31 Sat

イラク復興支援特別措置法の期限を2年延長 決定のニュース

賛否はいろいろあって良いと思うが・・・

朝日新聞など 独自の世論調査で 反対が69%をしめる など報道している。

しかしこのど素人
マスメディアが 現在派遣されている航空自衛隊の 人道復興支援活動の状況を正しく報道しているのを 見たことがない。
何をどの程度の頻度で 安全面ではどんな事に苦労して 他国からや当のイラクからどう評価されていてるのか など さっぱり聞こえてこない。

事故が無いと 撃墜でもされないと報道する価値が無いとでもいうのか。
売れない記事のために人員を派遣する訳にはいかんというのか。

などと腹立ててたさなか
ついさっき イラクでの輸送中の機内の様子の画像が流れていたのだ。

注目してみると・・・・・・何のことはない。

『 女性自衛官が2歳の息子とダンナを日本に残してイラクに赴き 4ヶ月の任務を終えて帰国 息子と再会 』

という いかにも話題性だけの マスコミの品性を表す報道ではないか。
申し訳程度に勤務状況の映像を チョコッと載せただけのものだった。
子供との再会のやりとりが目的である事はミエミエの放送である。

女性自衛官というのは 第11期イラク派遣輸送航空隊 樋口美登里1等空尉で 平成18年11月〜19年3月の4ヶ月間 副操縦士として任務に就いたのである。

マスコミのこのヤリクチは 彼女に対しても失礼極まりない。

それでも 世間の風当たりの強いイラク派遣問題のこと 国民の理解のための広告塔もやむを得ぬ というところなのだろう。

しかし 危険を覚悟で任務を遂行している自衛官に敬意を払い その活動をもっと公正に報道できんものか マスコミは。

『また 行けと言われたら 往きますか?』 なんて 間抜けな質問に
『 もちろん 往きます 』 と きっぱり。


どー思うヨ・・・・・
  1. 2007/03/31(土) 02:56:57|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:3

気楽な稼業〜

2007.03.30 Fri

サラリーマンは〜 気楽な稼業〜と きたもんだ〜

日本人は戦後 苦しいのは当たり前 貧しいのは当たり前と
とにかく頑張って 努力して 
高度成長して

サラリーマンは〜 気楽な稼業〜と きたもんだ〜

そのうち たいした努力をしなくても生活は安定 総中流意識に
それがバブルとも気付かず 安穏とその豊かさを享受していたのだ 努力する事も忘れて

バブルがはじけて さぁ大変

一度楽な思いをすると そう簡単にはもとには戻れないのが 人間の性
苦しいのが当たり前 生きるというのは大変なこと だから必死で頑張らなきゃ
なんて 意識にはなかなか戻れるもんじゃない

で どーするかって言うと

社会が悪い 仕組みが悪い 努力しても報われない 働きたくても働けない
となる

マスコミが先頭に立ってこれをやる
ワーキング・プアが 格差社会が どーの こーの と大合唱

ロクに努力をしない奴 努力したくない奴は そーだ そーだ となるのは当たり前

給料も 条件も望み通りで 楽しく働けるなんて そうあるもんじゃない バブルの頃じゃあるまいし

ましてや努力もせずに

いつの世も 仕事ってのは 気楽な稼業ではないし
無責任男ではつとまらない のは 当たり前



( スーパーモーニング 橋下弁護士 正論も 
  そんなマスコミ連中相手じゃ いかにも分が悪い )





  
  1. 2007/03/30(金) 10:47:34|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

開花です

2007.03.29 Thu

我が家の窓に覆いかぶさるソメイヨシノ
昨日の朝ついに開花です

昨年痛めつけられ 無残な片枝にされました
でも文句も言わず 今年もチャーンと咲いてくれました
開花


朝チラホラも 夕方には はや五分咲きとは・・・

そんなに 急がなくとも・・・・・
  1. 2007/03/29(木) 00:44:00|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

天真爛漫

2007.03.28 Wed

卒園証書を掲げて まさに 天真爛漫な笑顔

喉頭軟化症の青木鈴花ちゃん 無事卒園 のニュース

あの笑顔を見せられると 理屈抜きに “良かったね おめでとう” と ただ々 目じりが下がるばかりである。

しかしこの鈴花ちゃん 数時間毎につば・たんの吸引をしなければならない という理由で 保育園側に入園を拒否され 両親は『入園拒否は違法』として 入園不承諾の処分の取り消しを求めて 東京都東大和市に対し 訴えを起こしている。

2006年1月 東京地裁は 『たんの吸引は保育園に配置されている看護師で対応可能』 とし 入園を認めるよう “仮に義務付ける決定” を下したことにより 約1年間の保育園生活と晴れての卒園となったのだ。

原告側の『保育園には看護師が配置されており十分対応できる  吸引は家族でもできるもので業務の負担にはならない』に対し
市側は『看護師はいるが 鈴花ちゃんは常時観察が必要で 集団保育のなかでは対応できない』と主張する。

結局 市側は “仮に義務付ける決定” を受けて入園を認め 鈴花ちゃんが前に通っていた施設から看護師を一人応援にまわすなどして対応したというのだが・・・

結果論になるが その看護師に実質どれ程の負担があったのか 応援無しではやはり対応できなかったのか ま どちらにしろ 本案の裁判の結果を見てみたい。

ただ 鈴花ちゃんの あの屈託のない底抜けの笑顔を見ると
今回の 裁判所による気の聞いた “仮の義務付けの決定” に注目したくなる。

1962年に制定された 「行政事件訴訟法」 を全面的に見直し 一部改正し 2005年4月1日より施行された
「国民の権利・利益の救済範囲の拡大を図る」 として 判決が言い渡される前の仮の救済制度である 『仮の義務付け 仮の差し止めの制度』 が新設された。
これは一定の要件の下で裁判所が行政庁に対し 処分すべき事を仮に義務付けることや 処分する事を仮に差し止めることができる制度である。 つまり モタモタと裁判の判決を待っていては 大事な時期を逸してしまって取り返しがつかない事になるので とりあえず緊急に救済しようってわけだ。

一定要件ってのは 『義務付け(差し止め)の 訴えの提起があった場合において その訴えに係る処分又は裁決がされない事により生ずる 償う事のできない損害を避けるため緊急の必要があり かつ 本案について理由があると見えるとき』とされており
改正ではこの要件の緩和もされているという。

今回 裁判所はこれらを適用して 『幼児期の集団生活は 子供の心身の成長に重要で 入園が認められないと 回復が不可能な損害を受ける』 とした。

実に明快で 賢明な判断であったろうことは あの鈴花ちゃんの笑顔が証明している。

しかし何度も言うが あの天真爛漫な笑顔の為なら
看護師の適正配置のために使われる税金など 少しも惜しくない と思うのは
このど素人だけではなかろう。


どー思う?
  1. 2007/03/28(水) 08:55:39|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

飛んだり跳ねたり・・・

2007.03.27 Tue

大相撲春場所はとっても面白かったね〜
八百長疑惑で大騒ぎの後だけに・・・・

チョット注目すると
まず 初日 2日と 横綱朝青龍が連敗で 座布団が舞う
その後は順当
千秋楽 朝青龍は大関千代大海に “ 叩きこみ ” で勝って 大関白鵬に 星が並ぶ
そして 優勝決定戦
今度は 大関白鵬が 横綱に “ 叩きこみ ” で勝って優勝 座布団が舞う
といった具合で 実に面白い。

例によってマスコミは

初日2日の横綱の連敗には 『それ見たことか』 の ブーイング。

千秋楽の横綱の大関千代大海に対する “叩きこみ” には 『横綱らしくない相撲』 とブーイング。

優勝決定戦の “叩きこみ” 決着には  『疑惑の一掃を誓った場所なのに後味の悪い結末』 と
これまたブーイング。

そして 試合後の自分のことは棚に上げた朝青龍の 白鵬に対するコメント 『精一杯やって欲しかった 上を目指すのには良くないんじゃないか』 に またまたブーイング。

マスコミお得意の非難することに事欠かない場所だったでしょ。

前にもここにチョット書いたが
http://dosiroto92.14.dtiblog.com/blog-entry-126.html
大相撲界を八百長疑惑なんぞで突っつくと ロクな事はない。

どうしたって ガチンコ勝負をやらざるを得なくなる。
だからって まともにぶつかっては身がもたない。
だらしない負け方すりゃ 八百長だ 無気力試合だと叩かれる。
そこで 叩き込んだり 突き落としたり 肩すかしたり 飛んだり跳ねたり ってことになる。

ま とにかく これはこれで面白いではないか。

マスコミよ 今更 『横綱は横綱らしい相撲を』とか 『横綱と対戦する時は胸を借りるつもりで真正面からぶち当たれ』とか 言うつもりはないだろうね。
それは すなわち あんた達の言うところの八百長を 奨励することに他ならないんだぜよ。



どー思う?
  1. 2007/03/27(火) 00:12:29|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

代理出産に思う・・・・・

2007.03.26 Mon

高田延彦・向井亜紀夫妻の 代理母出産と出生届の問題

最高裁は 『法律上の親子関係は認められない。 日本の民法上では 子供の母親は出産した女性であり 卵子提供者ではない。 と解釈せざるを得ない。』 と判断した。

今の法律ではこれが正しい判断なのだろう。おそらく・・・。

考えさせられた・・・・・・

DNA鑑定でも親子関係は証明されてるんだから疑う余地はない 認めるべき というのは簡単だが果たして・・・・

専門家たちは 第三者の心身に多大な危険と負担を強いる事になる 生まれてくる子供の福祉に反するとして この代理出産そのものを禁止の意向である。
これも納得できる。
個人的な諸事情 感情に 倫理観 道徳観 生命の尊厳 などが複雑に絡む。

法律上 代理出産を認めていない以上 高田夫妻の子供であるという戸籍を得るためには 養子縁組 日本に帰化など書類上の手続きを踏まねばならないのもしょーがなかろう。いわゆる戸籍の汚れも致し方ないのだろう。

不妊治療の医療技術の進歩はめざましいものらしいが 国民の合意も 法律も 倫理的にも まだまだ未解決の状態ということらしい。
産婦人科学会 倫理委員会というのが対応しているというのだが 各医療機関に対し強制力も罰則も持たないというのが現状らしい。

不妊の原因としては 精子側 卵子側 母体の機能障害など色々だが。
原因がどうであろうと 現状がどうであろうと 子供が欲しいという願いは切実であろう。 精子でも卵子でも受精卵でも他人からの提供であろうと代理母であろうと成功率が低くても ということになる。

一般的に行なわれている非配偶者間人工授精で匿名第三者の精子によって生まれてくる子供の数は年間約190人 既に1万人以上生まれているとも言われている。この子らは実の父親を知らないし知り得ないのである。
今のままなら その子らは戸籍上の自分の両親を 疑うことなく一生を全うすれば良い。
DNA鑑定など何か特別な状況でない限り縁のないものであろう。

が 法律を変えたり DNA鑑定で立証されてはじめて親子関係が成立 なんてことが一般的になったら 現代社会における 親子関係は・・・秩序は・・・・どーなる・・・ 

第三者からの卵子の提供も 凡例は少ないものの同じ事だろう。

代理出産に関しては基本的には禁止が良かろう。個々のそのやむを得ない事情を例外として認め その例外的な要素に応じて 例外的な配慮をするということでいいんじゃないか。そうやって多くの障害と悩みと手続きを乗り越えて授かった子供たちが大人になって そんな親の気持ちと行ないを知った時 子供たちはその思いを理解し感謝しないはずはない というのが このど素人の思いである。

法的に整備してしまって 違法でなければ何でも有り になることが逆に怖くはないか。
日本人の 自己責任観や倫理観など まったく未熟なんだから。

実際 アメリカなど ノーベルバンクなどという精子バンクがあり 3000ドルで取引されるとか 知能指数130以上の科学者が提供し16年間で200人以上の子供が生まれているとか。

日本でも 1949年の第1児誕生から 1人の精子提供者から誕生した子の数が50〜20人と想像されるとも言われているとか。
また 独身女性が 契約書と精子斡旋料で手にした精子で実際に出産している など 精子はもとより 卵子までも商品化 ビジネス化が進んできているという。代理腹だって同じだろう。
今回の高田夫妻も アメリカの代理出産業者など 1500万円の費用がかかったともいわれる。

この非配偶者間人工授精については 日本産婦人科学会は営利目的の行為を禁止した上で容認という姿勢であるというが。
いまこれを野放しにするなら 将来的には そこいら中 偶然の血族結婚だらけ なんてことにも。

精子バンクからお好みの精子 卵子バンクからこれまたお好みの卵子を買い それらを体外受精させ その受精卵を冷凍保存しておき 好きな時に 代理出産で子供をつくる・・・・・なんてことにも。
おぞましい・・・。

何でもかんでも認めると大変なことになるし 何でもかんでも法律に定めてしまっては違法でなければ何をやっても良いって事にもなろうというもの。

やってはいけない事の理由が 多少論理的でなくても良かろう。
『道徳的 倫理的な理由でやってはいけない』  『命の尊厳という観点からやってはいけない』
なんていうと 論理的に説明できないとか時代に立ち遅れているとか たちまちに非難される事になるのだろうが それでも いいではないか。

例外的な事例に対しては そのつどそのつど 親身になって知恵を出し合えば良いのじゃないか。
産みの親より育ての親 またその逆も ただ時代遅れの格言とするのではなく その時その時の心のありようで より幸せになるためにうまく利用する知恵と考えてはどーだろう。

文字通り産みの苦しみを経て子供を授かる場合も 止むを得ない理由で非配偶者間人工授精を行ない いろんな障害や葛藤や法律などの悩み・苦しみを経て子供を授かる場合も どちらの苦しみも きっと人の親になるために必要な試練なのである。

ま これも 決して論理的ではないが・・・・・・・



どー思う?





 
  1. 2007/03/26(月) 01:24:47|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

家康公御遺訓

2007.03.25 Sun

家康公御遺訓(人の一生)
人の一生は重荷を負て遠き道をゆくが如し。 いそぐべからず、不自由を常と思へば、不足なく、  心に望みおこらば、困窮したる時を思ひだすべし。 堪忍は無事長久の基。 いかりは敵と思へ。
勝事ばかり知りて、まくる事を知らざれば、害其身に至る。おのれを責て人をせむるな、及ばざるは過ぎたるよりまされり。
            ・・・・・・・・・・・・・・『鉄舟随感録』より・・・・・・・・・・・・・

徳川幕府開祖 戦国の世を治め300年の泰平の礎を創った 徳川家康の遺訓として
我が 山岡鉄舟が心酔した 訓戒である。

しかしこれが 長い戦乱の世を治めあげた武将の訓戒とは・・・・。


この訓戒
読めば読むほど 一昔前 日本がまだ物質的に貧しかった頃 普段 親が子供らに言い聞かせていた 当たり前の素朴な教えとなんら変わるところはない とは思わないか。

偉大なる武将の訓戒としてでなくてもいい。
お父さんが 普段から子供らに言って聞かせる教え としてみてはどーだろう。

こんな物欲主義の荒廃した世の中だからこそ この精神論ともいえる教えを 噛んで 砕いて
懇々と言って聞かせるのだ。

そうして子供たちの心の片隅に この感覚がいつの間にか染みついているようになったなら
その子たちは こんな世の中でも なんか幸せに心豊かに生きてゆけそうな・・・・・・・
そんな気がするのだが・・・・・・。


どー思う?
  1. 2007/03/25(日) 00:14:15|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約