ガラス固化体

2007.02.28 Wed

高知 東洋町の 高レベル放射性廃棄物最終処分場 問題

町長の独断 住民の反対 調査段階でも10億の交付金
など 問題は多い

こんな処分場 どこの住民だって 否に決まってる。
どんなに必要な施設だって 自分たちの町には大反対である。
いま傍観している他の町に と言ったら その町の住民も大反対であろう。

じゃー 電気はどーする
石油を使ってCO2出しての火力発電 自然破壊しての水力発電は言わずもがな
ソーラー 風力などでは到底間に合わん。
となると 原子力発電に頼らざるを得ないのは言うまでもない。

そこには使用済燃料が発生し 最終的には処分場が必要になる のもしょーがない。

だから 東洋町もしょーがない というのは あまりにも無責任。
このど素人 『 高レベル放射性廃棄物 』 の事すらよく解っていないのだから。
なら “高レベル放射性廃棄物事情” をチョット調べてみるべし・・・・

原子力発電所で発生する使用済燃料からプルトニウム ウランを取り出すことを再処理という。 この時発生する高レベル放射性廃棄物をガラスで固めたものを ガラス固化体 という。この ガラス固化体 を 廃棄物管理施設 で 30〜50年冷却貯蔵 してから 最終処分場の地下300m以上の深さに 地層処分 する。

このガラス固化体というのが とんでもない代物で 製造直後はそばで20秒弱浴びると致死量という放射能で 発熱量約2300W 温度は200度以上にもなるという。したがって30〜50年の冷却貯蔵が必要になるんだが 発熱量は30年後で560W 50年後で350Wになるんだと。

ちなみにこのガラス固化体の放射能が元のウラン鉱石レベルになるには数万年かかるというから 今更ながら恐るべし放射能である。

ところがこの再処理を以前 英・仏にやってもらってたらしいんだが それで発生した高レベル放射性廃棄物のガラス固化体が 青森六ヶ所村の返還廃棄物貯蔵施設に返還されてきてる。
その返還されたガラス固化体は 中身が日本の基準とぜんぜん違うもんで 寿命が長く毒性も強く 発熱量も大きく 内蔵放射能量は日本の基準の2倍もあるもんだから 100年くらい冷却貯蔵しなければ最終処分できないというとんでもない代物なんだと。

六ヶ所村の返還廃棄物貯蔵施設の貯蔵能力はガラス固化体2880本 で 英 仏からの返還が3500本 これを2200本に圧縮して貯蔵されているという。

六ヶ所村の再処理施設が本格稼動した時の廃棄物発生量を考えたうえで 最終処分施設は 年間1000本の処理能力と4万本の規模になっているという。

とすると 40年で1つの最終処分施設がいっぱいになる事になる それを未来永劫続けたらいったいどうなるんだ。
数万年も埋めとかなきゃ安全にならないんだから日本の地面の300m下は高レベル放射性廃棄物だらけになってるって事か。


再処理ってのは ガラス固化体を作るのが目的じゃない あくまでも プルトニウムを取り出すためなんだ。このプルトニウムは本来 かの高速増殖炉や新型転換炉計画など長期計画に基づいた消費があるはずだったのに 計画は頓挫しちゃった。
それでも再処理は続けられているから プルトニウムは余っちゃってる。
5〜8kgで原爆が作れると言うプルトニウムが 2003年時点で40トンも貯め込んでいるのだと。

最終処分施設一箇所で40年かけてガラス固化体4万本処分した時 取り出されるプルトニウムは 核爆弾5万発分以上の 400〜450トンになるとは・・・・・・


こうなると もう “ 高レベル放射性廃棄物最終処分場 ” がどうのの問題ではないな。

覚悟を決めなきゃならんのではないか これは・・・・・

廃棄物を安全なレベルに分解処理でもできる技術を開発するまでは 原発を稼動させない 電気の無い生活も厭わないと 腹をくくらねば。

原子力に頼らない 発電技術を考え出さなきゃ・・・・

地球は 高レベル放射性廃棄物と プルトニウムまみれになっちまう・・・・

これって 考えすぎかな。

どー思う?
  

  1. 2007/02/28(水) 00:03:27|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:6

闘争心の差

2007.02.26 Mon

亀田大毅 ノンタイトル10回戦  3RKO勝ち

ボクシングスタイルはどーであれ
圧勝であった事は 間違いない。

相手の ビッキー・タフミル(WBA世界ライトフライ級4位)
この “WBA世界ライトフライ級4位” の実力はこのテードのもんか
と思わせる弱さ。
『あれはスモウだ。 ダウンじゃない。 投げ倒された。 ジャッジがフェアじゃないから立たなかった。』
とは なんたる言い草 恥を知りやがれ。

ま 亀田大毅の闘争心勝ち!


試合後おなじみの 恥ずかしげもない歌の熱唱
(甘く切ない歌声)? 勘弁してもらいたい・・・・ 。

オヤジも息子のあの歌を誉めるのか・・・・・相変わらずの健在ぶりだな。

CDデビュー?   ま ・・・・・・・・・・好きにすれば・・・。


がしかし 亀田家とその関係者から 愛しの夕張に 220万円 の寄付とか。
さすが 亀田家 見上げたもんだ。
亀田家 バンザイ・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

 
  1. 2007/02/26(月) 12:29:02|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

托卵(たくらん)

2007.02.25 Sun

“ 赤ちゃんポスト ” の設置に 『 違法性は無い 』 の お墨付き を貰ったようだ。

“赤ちゃんポスト” については 以前ここにのせた事が・・・
http://dosiroto92.14.dtiblog.com/blog-entry-59.html

子供を生んでしまったが 育てられない 育てる気がないという親が “赤ちゃんポスト” に・・・・・・・
そんな事 いいはずはない・・・・・・・・・・・が。

別名 “コウノトリのゆりかご” である。


ふと 『 托卵(たくらん) 』 が 頭をよぎる。

鳥が 他の鳥の巣に卵を産みつけて 子育てをして貰っちゃおうっていう ふざけた習性。
しかし これがなかなか興味深い。

詳しくは 何年もかけて追跡調査をして研究している人たちがいるので その論文など参照するが良いが

この習性の鳥は カッコウ ホトトギス ツツドリ ジューイチなど。
托卵相手は オオヨシキリ モズ オナガなど 古く江戸時代の文献では ホオジロ も托卵相手だったとか。

よく知られているのは カッコー らしいが 最初に始めたのは やはり怠け者が楽しようと思ったのがキッカケらしい ってホントーかね。
ホオジロの巣の中にチョイト産んでみたら それが事の他うまくいった。
ホオジロは自分の子供の中にカッコーの子がいてもお構い無しにせっせとえさを運び 子育てしてくれるものだから カッコーはもうやめられねーってもんだ。 

ところがそうそううまくいくはずがない。ホオジロだって自分の産んだ卵の数の割にえさ運びがあまりに大変なのでおっかしいなー と思ってた。
よくよく見ると いつの間にか一個多いことに気付く なにやら模様も違う ってんで そいつを巣の外に放り出す。
それをされるとカッコーは子孫が残せなくなっちまうから これまた 何とかしなきゃー となる。

ずる賢いカッコーは考える ホオジロの卵を巣から一個放り出してそこに一個生みつける しかも できる事なら卵の模様もホオジロの卵に似せたいなー と。
ホオジロの卵を一個放り出すのはすぐにカッコー界の常識となるが 模様を似せるのは これはなかなか難しい なんせDNAが関わってくるのだから。 出来栄えには随分と差がある。 できの良いカッコーは 羨望の的である。

さらに ずる賢いカッコーは 親の愛情を独り占めする為に恐るべき技を手にする。
まずホオジロの卵より1日〜2日早く孵化するという それだけでも驚きだが その孵ったばかりの雛がホオジロの卵を巣の外に放り出すという荒技を繰り出すのだ これにはもうビックリ。
これで親の愛情もエサも独り占めというわけだ。 おっそろしー。

そうなると今度はホオジロが生存の危機になる。黙っちゃいられねーわな。
ホオジロも必死で卵を見極める能力に磨きをかける ついには少しの違いも判別できるようになり カッコーの卵は巣から排除される。
その能力の卓越したものが子孫を残し生き残っていくのだ。

カッコーもよほど見分けのつかない卵でなければ 托卵 は成功しなくなる。
必然的にそういう出来の良い卵を産む遺伝子を持つカッコーが生き残っていくのだ。

しかし 動機が不純なカッコーに分が悪いのは当然よ。
遂にはどのホオジロも カッコーの卵のほとんどをを見分ける能力を手にして カッコーはホオジロ界からの撤退を余儀なくされたのだ。
ま この時の生存をかけた激しい攻防の記憶が強く残っている為 カッコーの卵の模様は今でもホオジロのそれに似ているとか いないとか。

もう “托卵” なしでは生きられないカッコーは 次の托卵相手を探すのである。

そして白羽の矢を立てたのが オナガ オオヨシキリ モズなど。

托卵された経験のなかった彼らは 現在も 攻防の歴史を繰り広げているのである。

しかし“托卵” の習性を持つ鳥たち ずる賢いだけのことはある。

まず性関係が乱婚?というから ま 相手は手当たり次第と言うことか で 子育てする気は更々ないから ツガイ になる必要がないし その気もない ときたもんだ。
それでも 托卵 を成功させる為には どんな労も惜しまないのは見上げたもんだ。
そんなに苦労するくらいなら 自分で子育てしたら? と言いたくなるほど。
子育てはしないくせに 自分の子孫を守る為には実に残酷でもある ま これも野生なら当たり前か。


手当たり次第に 避妊もせずに エッチ して 子供は生まれるが 育てる気はないし 結婚なんかする気も更々ない・・・・・・・果ては残忍な所業か・・・・・・・・・赤ちゃんポストか・・・・・・・・・・なんていう 現代の人間の堕落した親の姿と・・・・・・・

などと言っては 鳥たちには失礼だな
鳥たちは 托卵 の成功の為にはどんな労をも惜しまない 子孫の繁栄のためには みずから進化しようとまでするのだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

どー思う?




  1. 2007/02/25(日) 00:44:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

95億円の懲罰的賠償金

2007.02.24 Sat

禁煙生活も はや6ヶ月めに入った
もうそろそろ “禁煙成功宣言” をしてもいいかなと思う 今日この頃。

フィリップモリス 勝訴 のニュースに引っかかる。

『本当に危険なものを たばこ会社が売るはずがない』 と 一日平均3箱のたばこを40年間吸い続け 肺ガンで死亡した男性 の遺族が提訴
たばこの危険を十分知らされていなかったため と 訴える。

オレゴン州最高裁では訴えが認められ 未亡人に約95億円の懲罰的賠償金を支払うことを命じる。
しかし上告審で 連邦最高裁はこれを破棄 フィリップモリスの勝訴となる。
「訴訟の当事者以外の損害に基づいた懲罰的賠償金は 憲法が定めた適正な手続きを侵害する」と言うのが破棄の理由らしいが ま このど素人にはサッパリ。

それよりも何よりも この遺族の提訴がよく解らん。

このおっさん 「たばこ会社が本当に危険なものを売るはずがない」 と吸い続けたと言うが
これって ただのバカ野郎じゃないのか 子供じゃあるまいし。
いや子供だって たばこが 体に良い健康食品 でないことぐらいはわかっているだろ。

酒だって 他のどんな食品だって 危険なものを売るはずがないなんて 非常識に暴飲暴食すりゃ 病気にもなるし死んじまっても文句は言えまい。
よく噛んで食べなきゃ喉に詰まらせて死んでしまう事だってあるだろう。

危険を知らせないのがいかんなどと訴訟起こすのは 自分たちの “無知” と “常識の 無さ” 
“バカさ加減” を宣言するようなもんだろう。
ガンによる死亡でたばこ会社にイチャモンつけるくらいなら 銃による殺人で銃の製造会社を 戦争による死亡で軍需産業を訴えるほうがよっぽど価値があるってもんだ どうせイチャモンつけるなら・・・・・ 応援するぜよ。

日本も 欧米化! か 何でもかんでも訴訟の 訴訟社会になってきている。

説明書に書いてあろうが なかろうが 良いことは良くて悪いことは悪いのである。

刃物が危険なのは常識 だから扱い方に十分気をつければ良いのである。
でなければ 包丁一本 鋏一丁にとてつもなく分厚い電話帳さながらの取扱説明書が必要になっちまうってもんだ。

最近の ガス湯沸かし器の中毒事故 もちろん機器の不備 責任は解明されねばならないが
ガス器具を 「 使用する時は換気に気をつけて 」 は常識である この常識をきちんと守ったならば いったい何人の命が失われずに済んだだろう。

オトナなら自分で考え 自分で判断し 自分の行為には自分で責任を持とうじゃないの。

勿論 たばこを売る側も 吸う側も・・・・・ね。


どー思う?


  1. 2007/02/24(土) 00:10:17|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

近い将来を飛び越えて・・・

2007.02.23 Fri

『 グローバル作物多様性トラスト 』 という組織に チョイト引っかかった。

この組織 国連食糧農業機関 国際農業研究協議グループ 世界銀行などが出資する国際機関だという。

これが 北極圏の永久凍土の中に 人類にとって貴重な “遺伝資源” である作物種子を約300万種 永久保存できるでっかい貯蔵室を建設するというんだな。

本部のあるノルウエー政府と 米国・インド・カナダなど15カ国の政府 3企業が出資 (総額56億4000万円) して建設始めたとか 早ければ2008年末にも完成というんだわ。

それで・・・・・・

この貯蔵室の運営 管理する組織が 『 グローバル作物多様性トラスト 』 なんだと。

200年後をにらみ 気候の変動 自然災害 植物の病気の蔓延 戦争 テロ 資金不足などのあらゆる脅威から 作物品種の種子を護る というのだ。

この種子バンクなるものは 既に 世界各国に 1400 程あるらしいのだが 設備の不備や管理状況が悪かったりで 大半は使い物にならない状況だというから この貯蔵室建設の価値は大きいのだろう。

世界の将来の 食糧に対する安全保障に真剣に取り組む姿勢も評価に値するのだろう。


しかし このど素人 なーんか 釈然としないんだな。
えらーい人たちは なるほど将来を見据え 大金を使って 人類の永遠の生存を前提に あれこれ考えるもんだ。
近い将来を飛び越えて 200年後を見据えているというのが いかにも えらーい人たちの考える事は・・・・・・と思うんだな。

近い将来のことは もう諦めちゃったの? と言いたくなっちまう。


農業ってもんをどう守るんだろう。
病害虫に強く生産性の高い単一作物を 規模を大きく機械化に任せ合理的に生産しなければ 生き残れない今の農業。小さな農家は生活できないから土地を手放し職を変えるしかない。過疎化は進み後継者などいるはずも無いが 生活できないのだからしょうがない。これが現代農業の実情か。
こういう状況が 多くの作物の種子を地球上から消してしまうんだ。

後世に保存する事を考えるより この状況をくいとめることの方が大切なんだろうな・・・・ きっと。
この期に及んで 国による小規模農業の保護政策は やっぱり甘えだと言うのだろうか。

今どき流行の 遺伝子組み換え作物もどんどん開発され保存されるに違いない。  そこには開発企業の 知的財産権 とか 特許 とかの 利害が渦巻き そんな利欲の塊のような種もいっしょに保存されることになるんだろーな。


京都議定書にに参加しないと言い張った先進国 CO2の削減義務をサッパリ果たせない国 京都議定書そのものを否定する発展途上国   こんな状況では・・・・・・

200年と言わず ごく近い将来 地球温暖化はどんどん進み 異常気象は起こり放題 核開発国は増える一方 イスラム社会のテロ行為は世界中に及び 遂に世界はぺんぺん草も生えない焦土と化してしまう なんて事には・・・・・・・・

200年後には 新人類が もう永久凍土ではない北極圏の貯蔵室にかろうじて残った作物の種を その荒廃した土地に蒔いている なんていう姿が頭をよぎるんだな・・・・・・。


ま 種子の保存も いーが
作物種子より前に 人類が滅びてしまっては元も子もないだろう
“200年先”の前に “近い将来”の為に “金と頭脳 ” を使うべきなんじゃねーのかな。


どー思う?
 





  1. 2007/02/23(金) 00:09:33|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

売りつけてます

2007.02.22 Thu

今 ムカついてます

テレビで 武器の展示 販売の様子を見たのです

そんな事なにを今更 と言うかもしれませんが

アメリカをはじめ国連の常任理事国に名を連ねるような国が 最新式の武器を 実演を交えて世界に売りつけてます

アメリカってのは いったい何やってるんでしょう

イラク戦争で
自国の兵士たちが 前線で武装勢力やテロ集団と “命懸け” で戦っていると言うのに
対ヘリコプターの最新兵器で 自国の兵士が乗ったヘリが撃墜されたりしていると言うのに

どこぞのルートで 武装勢力やテロ組織に必ず渡るのであろう自国の最新兵器を 無差別に売り込んでいるあの厚顔無恥な連中ってのは

まったく おぞましい 光景です
機能をしたり顔で説明している恥知らずな顔見てたら 吐きそうになってきます 

なにをいまさら と言わないでもらいたい

とにかく今 ムカついています

どー思う?
  1. 2007/02/22(木) 00:16:22|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

1等空佐

2007.02.21 Wed

自衛官の “ 1等空佐 ” ってのは

航空自衛官の幹部で 《統合幕僚長たる空将》 《航空幕僚長たる空将》 《空将》 《空将補》
に次ぐ 5番目の身分。

『 防衛省情報本部 』 に於いては  本部長・副本部長の下 《総務》《計画》《分析》《統合情報》《画像・地理》《電波》の 6部 が組織されており “1等空佐” は その部の長を務める身分で   実務現場の責任者の立場なのである。


その “1等空佐” が 読売新聞東京本社政治部記者に 機密情報を漏洩したといわれているニュースにチョイト引っかかった。
『中国の潜水艦が南シナ海で航行不能になっている 火災か?』 と報じたことに関してである。


ちなみに 『 防衛省情報本部 』 というのは
防衛大臣直轄の特別な機関で 偵察衛星による画像や24時間傍受している北朝鮮 中国 ロシアの通信など 広範からの各種の情報を 総合的に収集し高度に分析処理をを行ない 予測不能な複雑多様な安全保障環境・国際軍事情勢の下で 防衛省・自衛隊全般を通じて必要となる戦略的な情報を作成するのを基本業務とする機関であるという。

日米間の ミサイル防衛システム導入となれば 高度な軍事情報を共有する事になるのもこの機関であるという。

とするならば この機密情報漏洩は 日本の安全を根底から脅かすものと言っても言い過ぎではなかろう。

中国の潜水艦云々の内容の問題ではない
これが機密に当たるか当たらないかの問題でもない
報道の自由がどうのこうのでもない

この 日本の防衛システムでは頭脳ともいえる機関において 各部署の 責任者 たる立場の人間が 知り得た情報を 内容がどうであろうと 相手がだれであろうと 喋ってしまうという 自覚の無さ 軽率さが恐ろしいのだ。

この 一見些細な認識不足が 致命的に恐ろしいと思はないか。

武器に頼らない防衛を考える時 情報の収集・分析・処理能力の充実は日本の生命線といえるだろう。いや 生き残る為のすべてといってもいい と思うのは 大げさだろうか。

米FBI職員 ロバート・ハンセン 事件
1985年〜2001年の16年間に 6000ページあまりの機密文書を旧ソ連KGB などに売り渡し
現金 計1億7000万円 と ダイヤなどの報酬を得ていたというもの。
あのアメリカの あのFBIという機関の中でさえ 巧みな陰謀術数に屈して機密の漏洩が起こるのである。

日本の 危機管理意識の薄い諜報機関でのそれは いともたやすい事だろう。

したたかな隣国を相手に どう渡り合って行くのか。

単なる公務員の守秘義務違反 では済まされまい。


どー思う?
  1. 2007/02/21(水) 00:22:29|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約