珠玉の響き

2007.01.07 Sun

今 巷で何かと話題の 白虎隊。

彼らが身に付けていた 会津武士道。

どういう教育に基づくのか。

10歳になると “日新館” に入学し学問を学んだ。
武芸の稽古場も別に設置されており 文武両道を学ばせた。

日新館において 道徳教育の教科書だったのが 『日新館童子訓』
これは 会津藩第五代藩主 松平容頌(かたのぶ)によって著された。

孝行話 武功話 忠義話などを 実在の人物の具体例などをおりまぜて
理想の大人 武士のあるべき姿を教えるものだった。

ま これはこれで 良い。

このど素人が 最も惹かれるのは
『什の仲間』 という システム である。

6歳〜10歳までの子供たちが グループを作り 最年長の 什長 を配し 全員約束事を守り 行動する というもの。

その約束事を 『 什の誓い 』 という。

一、 年長者のいうことに背いてはなりませぬ。

二、 年長者には御辞儀をしなければなりませぬ。

三、 虚言をいうてはなりませぬ。

四、 卑怯なふるまいをしてはなりませぬ。

五、 弱い者をいじめてはなりませぬ。

六、 戸外で物を食べてはなりませぬ。

七、 戸外で婦人とことばを交わしてはなりませぬ。

ならぬことはならぬものです。


う〜ん。 どれをとっても 珠玉の響き。

毎日 必ず 当番の家に集まって 全員で復唱するのだと。

この誓いを破った者は 軽くて“シッペ” 最も重いと“絶交” の罰を受ける。
絶交の罰を受けた場合は 親子揃って 什長 の家に行き 詫びを入れ 再び 『什の仲間』 に入れてもらう許しを請わなければならなかった。 

『什の仲間』 のシステムは “躾” のシステムだった。

どうだ 今どきの ガキどもの “躾” に このシステムは。
少子化でグループが組めないか。

でも 『 什の誓い 』 はいけるだろう。

どー思う?




 

  1. 2007/01/07(日) 00:14:44|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約