『和俗童子訓』

2007.01.06 Sat

またしても おぞましい事件が 世間を賑わせている。

21歳予備校生 20歳の妹を殺害 遺体をバラバラに。
ま 当分はワイドショーで大騒ぎか。

両親は歯科医 何の不自由もなく育て 学習の機会だって望むがままに与え
2人とも成人し 立派な大人に成っている筈だったのに。

妹の言葉に 傷つくばかりだったのか 遂には殺意へ・・・そして幼稚な隠ぺい工作 尋常でない行為に及んだ大人。
そんな兄の軟弱な歪んだ心に気づいていたのか いなかったのか 傷つける言葉を浴びせ 遂には殺害されてしまう大人。

この未成熟な大人の兄妹は 立派な親たちの背を見て育ち 確実にその DNA を受け継いでいたのだ。

このど素人
この殺人者に怒りは 沸かないし この被害者が 可哀そうとも思えない。

ただ この社会的に地位も見識も 充分に持合わせているであろう両親の 子育てに
明らかに欠陥があった もっと辛辣に両親の人間性に問題があったと言いたい。

歴史の犠牲者であるこの2人の事件を 無意味なものにしない為にも。
マスコミはこの事件を 未熟な親の 子育て 人間性についてまで 踏み込んだ報道をしなければならないだろう。
問題はこの立派な肩書きの 親の方にあるのだから。


どちらにしても この親子とも 受けた教育に問題あり なのだろう。
そこで提案

貝原益軒 著 『和俗童子訓』

江戸時代に武士 庶民を問わず広く読まれた “教育論書” であるが これがいい。

学校教育で 徹底してこれを身に沁み込ませるのだ。
内容は難しくない 繰り返し繰り返しで身に付けるのだ。
とにかく全ての大人が この “子育て論” の考えを 当たり前に思っているようになれば良いのだ。

『和俗童子訓』 を現代の教育に取り入れよう。
世の中確実に変わる モラルの崩壊も止められる。

・・・という ど素人の戯言。
検討の価値あり と思うが。


どー思う?







 
  1. 2007/01/06(土) 00:07:01|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約