“最高の尊敬と深い愛情”

2007.01.31 Wed

柳沢厚生大臣の 『女は子を産む機械』 発言

人間は 腹に思いもしないことが 言葉になるはずはないのだ。

その非難は怒涛のごとき。
差別意識といわれるのも当然。


チョット 武家社会の女性に対する意識を覗いてみる。

武家社会の女たちというと 封建社会のなかで さぞかし 虐げられ絶対服従 というイメージもあろうか。

しかし 実情は違う。
そもそも武士道というのは 忠義を重んじる 自己犠牲の精神・教えである。これは 男にとっても 女にとっても変わりはなかった。

武士社会は 男たちは主君に対し 女たちは親・夫・子・家に対する自己犠牲で成り立っていた。
武士たちの意識の中で女性の価値は 戦場と家庭という別の次元で測られた。

戦場 つまり社会的・政治的な存在としては 確かに重要ではなかったが
家庭 つまり母・妻としては 女性は “最高の尊敬と深い愛情” を受けていたのだ。

父や夫が出陣し家を留守にするとき 家のやりくり 子どもたちの教育 家の防備までも 母や妻の手に託されていたのである。女性は幼少より武芸を習い身に付けていたから これらのことも賢明に実行できたのである。

武士たちが こんな女性たちを蔑んだり虐げたりするはずがないのである。

『女性は子を産む機械』 そんな次元の低い差別思考があろうはずはないのである。

しかし時代は 西洋からやってきた女性解放運動なるものによって 女性の地位を改善・向上させることになる。戦場にも参加していくのである。
自由を得 平等を獲得していくにつけ 母として妻としての “最高の尊敬と深い愛情” を 少しづつ手放していったのではないだろうか。

柳沢発言は そんな 女性に対する “最高の尊敬と深い愛情” が 薄らいでしまった社会 が 発した言葉ではなかろうか。

どー思う?

  1. 2007/01/31(水) 03:26:04|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

笑うも一日

2007.01.30 Tue

我愛しの北海道。

夕張で 町の有志が 一人暮らしや年寄りの家の屋根の雪下ろしをしている というニュース。

夕張は18年かけて 財政を立て直そうと “住民たち” が頑張っている。

この雪下ろしに参加している 77歳のおやじさん 『18年後はもう生きては居まい』と 笑う。
『笑うも1日 泣くも1日なら 笑って暮らした方が良かろう』と 笑う。

長生きして 自らの手で立て直した 夕張を 見届けてくださいよ おやじさん。

頑張れ 夕張・・・・
  1. 2007/01/30(火) 19:13:02|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

道州制・・・・?

2007.01.29 Mon

道州制・・・・・・?
時々話題になるが よく解らん。
そこで チョイト。

道州制ってのは
 現在の 都道府県より広域な単位の 自主性 自立性の高い自治体にし 国は国としての政策に
 専念して それ以外の仕事はその自治体が担い 政策を企画 立案する立法機能をも持たせる
という 検討の段階のものらしい。

それで何が良くなるのかってぇと
  47の都道府県と多くの出先機関をまとめて 無駄をなくす事が出来る。
  規模 能力の拡大は 仕事量を拡大させ 市町村がうるおう。
  広域な単位で 交通・環境・防災など分野を超えた政策・戦略が立てられる。
んだと。

更には
 現在の状況では 地域の壁(県境) 権限の壁があり 森林・河川・湾の統一的な管理・政策決定
 が出来ない。 観光 企業誘致などの利害の不一致など問題が多い。
 また 政策の実施権限・決定権限が国にある現状では 地域に必要な総合的な政策を素早く行な
 えない。

道州制にするとこれらのことが解消され さらに国の省庁の縦割りの弊害も解消できる。

どーよ この 推進派の弁 いい事ずくめである。

チョット待て・・・ そんな魔法のような話があってたまるか。

『 森林があり 水源があり 川となって流れ 湾に注ぎ込む 』
こんな当たり前の 自然環境に対する政策・管理を総合的に 県境など越えて 行なえなえなかったというのは どういうことか。
この地震列島日本で防災・交通に関しても 地域の壁を越えた総合的な政策・戦略が立てられなかった などと馬鹿げたことを言うのはどうしたことか。 

縦割りだから 県境の壁があるから出来なかった と言うつもりなのか。
大局を眺め 壁を越えて 障害を乗り越えて なすべき事はなそう という気概を持ち合わせた政治家・役人がどこにもいなかったという事ではないか。
それぞれの既得権に執着する体質 責任を取らない体質そのものではないか。

昨今多発する 県知事の不祥事 政治家の恥知らずな不祥事などみるにつけ

自治体の規模をどう変えようと 政府の大きさをどう変えようと 権限をどう移譲しようと

結局のところ 政治家 役人どもが “ 高い志の精神 ” を身に付けなければ なにも解決しないのだ。

魔法のような制度などあるはずも無い。

どー思う?

 
  1. 2007/01/29(月) 00:08:33|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

職人の顔

2007.01.28 Sun

ロンシャン凱旋門賞で人間たちの不手際で失格の憂き目に会ったディープインパクト。

その後 競馬社会の利害も絡み うごめく思惑の中の次走 ジャパンカップ。
そんな人間どもの思惑を知ってか知らずか の 圧勝劇。

池江調教師をはじめとする関係者の安堵した表情と それでもやはりロンシャンの失態を思うのか 隠しきれない複雑な表情を見た時 不覚にもこみ上げるものがあった。

競走馬を仕上げる調教師 厩務員 騎手 どの顔を見ても ただ “ 良い仕事を ” という思いに 徹した職人の顔なのである。

引退レースとなる有馬記念。まさに天馬のごとく ここも圧勝。

レース後の池江調教師の顔は 本当に責任と重圧から開放され いい仕事をやり遂げた職人の顔だった。その重圧と苦悩を思うと そしてそれに応えたディープを思うと ここでもまたまたこみ上げてしまったのだ。歳のせいか。

その ディープインパクト 2年連続'06 日本年度代表馬は勿論だが

国際競馬統括機関連盟(IFHA)
トップ50ワールドリーディングホース (7/1〜12/31の間の世界の主要レースを対象) で
世界4位タイ (トップに2ポイント差)
芝部門 世界1位タイ
と 評価された。

特に 芝部門では 凱旋門賞を勝った レイルリンク など2頭と並んでの1位タイ。 価値は大きい。

ここに ディープインパクト の “ 強さ ” を 世界に認めさせ
    彼の傷ついたプライドも 少しは回復したのだろう。

関わった職人たちの心には また一つ 誇りが加わり
彼らの心のなかの “ロンシャンの悪夢” を拭い去ってくれるのだろう。

 


  1. 2007/01/28(日) 00:14:37|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『 教師は文武両道 』

2007.01.26 Fri

教育再生会議 第一次報告がまとまったと。

各提言のいちいちに 揚げ足を取ったり 重箱の隅をつつけば きりがない。
作られたものに文句を言うのは簡単なこと。
生み出すのは それなりに苦しい作業だったのだろう事は想像できる。

それを承知で
物足りないのは 何を恐れているのか どれも控えめであること。

授業時間10%増など 遠慮せずにもっと増やせばよかろう。ゆとり教育などと言い出す前の状況にまで戻しても良かろうと思うほど。
受験に偏向した詰め込み教育を 真っ当な基礎学力・道徳の教育に変えれば良いだけだろう。

体罰も然り 怪我をさせないこと その体罰の原因・主旨が正しいこと が徹底されるなら
多少の苦痛を与えることもやむなし であろう。
先生が絶対手を出さないのをいいことに 無視したり暴力を振るなどの卑怯な振る舞いは
もってのほか。問答無用である。
あとは バカ親どもに負けないよう 先生のその行為を我らが支持し 後ろ盾になることだ。

そうすると問題になるのは教師の質。
知識・能力・人間性は 言うに及ばずだが 今の先生にもっとも必要なのは強い精神力と体力だろう。体力というより腕力といった方がいいか。どちらにしろ弱い人間は恐怖に勝てない 妥協もするし誘惑にも負ける。

正義を貫くには勇気が必要 勇気の裏づけは力ということになる。したがって
『 教師は文武両道 』  が絶対条件。
更に 『 教師は聖職である サラリーマン根性は捨て去る 』 を肝に銘ずること。

責任体制の確立?
生徒・先生・親・学校・教育委員会・自治体・文部科学省・国。
皆ーんなに 同じだけ 責任がある。   他人のせいではない ぜーんぶ自分たちの責任。 はい 終わり!

ま そんな訳できりがないので このあたりで

IT世界の標語

“Rough Consensus and Running Code”

速やかに まずは 走らせてみよう。


どーよ こんなど素人の戯言。



  1. 2007/01/26(金) 01:57:22|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

勝海舟の憂い

2007.01.25 Thu

勝部真長 編 『山岡鉄舟の武士道』
の中に 勝海舟が教育者としての福沢諭吉を評した言葉が ある。

・・・・略・・・・・・
物の幽玄な真理の世態のと、考えもなにもなく、なんでもかでも口から出ほうだいに小理屈にまかせて、国民を動揺させることがはなはだしいではないか。

世人は教育家と営業家を混視しては困るよ。このようなことに放念しては、ここ二、三十年ののちには、ずいぶん世界が妙になるから、教育家は十分注意してもらいたい。

いったい生類特に人類のごときものは、悪い道や自由の観念は教えなくとも、否、制御してもなお覚えたがるものよ。

また、人を教育するのに権利の方向から小理屈ばかりいいならわせてどうするのだ。このようでなくてさえ、義務などとてわが身に不便利なものは、教えてさえも知らん顔をしたがるものよ。

故に教育家というものは、すべて義務から先に教えて、人間の土台が建ちあがってから、あとはいわずとも土台の上に家の建つことは察しのつくものだ。
故に義務ということが十分に承知できれば、権利ということは義務と連絡しているから自然に悟られるものである。

見よ、今日の教育が理屈から急ぐものだから、人心の腐敗はどうだよ。

男子が第一悪いが、また女子が男子をやっつけようという意気ごみではないか。女子がうでを打ちふって、路をけり回して高歩することが見え出したではないか。

ずいぶん妙な世の中になる。注意したまえ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
勝海舟 76歳 明治31年の頃の言葉である
その当時の教育の荒廃 社会の風俗が見えてくるようである
奔放で頑固な長老が吾無き先の世を憂いていたのだろう
勝海舟 77歳で没している。


そして 現代の 教育の状況は・・・・・

人心の腐敗は・・・・・・・・
  1. 2007/01/25(木) 00:42:39|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

複雑な環境と不確定な要素

2007.01.24 Wed

このど素人 IT関係とかIT関連とか文字通り ど素人。
サッパリ解らない。
インターネットでさえ どこかのブログを見ながら 同時に他のホームページを見たりすると線の中で2つの情報が混線しないのが不思議 というレベルである。

ま こんな レベルを承知してもらったうえで。

《 IETF 》という組織があるそうな。
インターネットで使われる技術の標準仕様を決める組織とか。

この組織に “ Rough Consensus and Running Code "
      『ラフなコンセンサスを作ったらプログラムを書いて走らせてみよ』
という 有名な標語があるんだと。

『世の中 会議室であれこれあれこれ考えてみたところで 実際にはその通りにはいかないものだから あまり会議に頼り過ぎないで ある程度で企画を立て実行に移してみよう』
ってな考えらしい。

この考えに基づく手法が インターネットがこれほどに発展してきた背景にある というんだな。

この手法が具体的にどういうものか なんてことはこのど素人に理解できるはずもないし興味もない。

しかし“ Rough Consensus and Running Code " の考え方は使える。

今の政治 会議のやたら多いこと。

教育再生会議  教育改革国民会議だの 経済財政諮問会議 なんとか機能強化会議もあれば なんとか機能強化検討会議だと? なんとか推進会議とか。

どの会議にも “有識者” といわれる 偉ーい先生とかが雁首揃えて あ〜でもないこ〜でもないとやってるんだろう。

今の世の中の これほどの 複雑な環境と不確定な要素の多さを考えると
会議に時間かけたって 完璧な政策なんぞ作れる訳がない。
どんなにいい頭で考えたって 所詮は やってみなけりゃ の要素が多すぎる。

『ラフなコンセンサスを作ったらプログラムを書いて走らせてみよ』
不備が見つかったら また
『ラフなコンセンサスを作ってプログラムを書いて走らせてみよ』

とにかく 愚図愚図しないことだ。

取り返しがつかなくなる前に動かなければ・・・・・。


どー思う?





  1. 2007/01/24(水) 00:46:46|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約