崇高なる死・・・

2006.11.30 Thu

ご存知の方も多かろう。
恥ずかしながらこのど素人 最近になって始めて知った

《山口良忠》 という人物。

1913年生れ 1947年没。東京地裁判事。

終戦後の食糧難時代。
東京区裁判所 経済事犯専任判事であった 《山口良忠》 は
主に ヤミ米 等所持の “食糧管理法” 違反で逮捕された人々の担当になる。

配給食糧のほかに 違法な ヤミ米 を食べなければ生きていけない時代
それを取り締まる自分が ヤミ米 を食べる訳にはいかない という思いから ヤミ米 を断固拒否し続ける。

配給のほとんどを2人の子供に与え 自分は妻とほとんど汁だけの粥をすすって生活し 見かねる親 親戚 友人の援助の申し入れも拒否し続ける。

そして遂には栄養失調で死亡するのである。
33歳の若さで。


“食糧管理法”が悪法であった事
その悪法を作った政府の在り様 という事実をふまえた上で。


法を守るという崇高なる職務を 命を懸けて全うしようとした まさに崇高な精神。

今の日本に失われてしまった “武士道精神” そのもの。

国の政をつかさどる政治家。国民の木鐸たる公務員。法の番人である法律家 警察。教育をつかさどる教師 教育関係者。そして全ての生産に従事する我等全ての人間が。

それぞれの職務に誇りを持ち 命を懸けて全うしようとする 精神 があるだろうか。

現在の この惨状を見る限り それは言うまでも無いだろう。


遂に見つけた。

今迄 この惨憺たる世の中を救えるものは何なのか 諦めるしかないのか と思い続けてきた。

しかし あった。
 “武士道”   これだ。


次の “確かなもの” が見つかるまでは このど素人
『善悪 是非の判断基準は “武士道精神” 』 で 生きてゆく事に決めた。


遅ればせながら “武士道” について少し勉強してみようと 思い立つ。
しばし・・・・。





  1. 2006/11/30(木) 00:42:49|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

 礎 ? 見せしめ ? ・・・

2006.11.28 Tue

我が北海道・・・心が痛む。

夕張市の財政破綻。

とんでもないことになってる。
自転車操業で借金に借金を重ね とうとうお手上げ状態に。

議員たちは 漠然とは気づいていても 『額が大きすぎて 言い出せなかった』
                         『あえて 触れないようにしていた』     だと。
『最後は国が何とかしてくれる』と 自らに言い聞かせていたようだ。

何たるていたらく どーしよーも無い。

こんな連中だから 自らの 行財政正常化対策の取り組みの甘いこと。

財政再建団体に移行したことで かなり厳しい再建計画に 市民も立ち向かわなくてはならなくなった。


しかし夕張市民よ
市長を選んだのも夕張市民。
市議を選んだのも夕張市民。
彼らの行政を無批判に許していたのも夕張市民なのだ。
問題意識を持たず まかせっきりで それでも自分たちには何の不利益も無かった。
ところが今度は違う という事で怒っている訳だ。


粉飾決算を続けてどうにもならなくなり倒産した会社に勤めていた社員は 厳しい再建に立ち向かうか 他の会社を探すか 路頭に迷うのは当たり前。


辛くても我慢するか 我慢できずに引っ越すか 野垂れ死ぬか。
どちらにしろ人口は激減し この行き当たりばったりの再建計画は見直さざるを得ないだろう。


ま 財政破綻の自治体はこの後も “ぞろぞろと” 出てくるのは間違いない。

いさぎよく 全国の自治体の財務の健全化のための “礎” いや “見せしめ” になろうではないか。

辛く 悲しいことだが
とにかく頑張り続ける姿勢をくずさないことだ。

そうすれば世論が救いの手を  って事も。



それにしても
バカな経営者の尻拭いを 社員が
バカな親の尻拭いを バカな親を持った子供が
バカな政治家の尻拭いを 国民が
なんて 許せるか? ジョーダンじゃー無いぜ まったく。


どー思う?



  1. 2006/11/28(火) 00:01:59|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4

ビシー!っと・・・

2006.11.26 Sun

郵政造反議員の自民党復党問題。

自民党内の醜い駆け引き。
おぞましい。

『政治は情だ』 だと?
『ハードルが高い・・』 『踏み絵がどうの・・』
『温かく迎え入れる雰囲気が大切』 だとー?
こいつら何言ってんの。
お前たちを選んだ国民の前で 何 恥知らずな事やってんの。

こんな連中を選挙で選んだかと思うと 情けないやら悲しいやら。

ま どっちでもいいから さっさと結論出して この醜いやり取りを終わらせろ!ってんだ この
バカタレども。

この問題に対する安倍総理のあのにやけた態度は何だ!
曖昧にも程がある。


このど素人 以前 安倍総理の曖昧はなかなか良いもんだ と書いた。
靖国参拝と歴史認識 これは曖昧を貫いたお陰で 中国 韓国とも大人の外交が出来たと思っている。


今回は身内のゴタゴタ。家長が ビシーッ!っとしなくてどうするのよ。

こんな醜悪な報道がいつまでも続けば それだけで 確実に支持者が減るってことが解らんのかね。


この問題で会見している安倍晋三の曖昧さを見ていると
ただの優柔不断な ノー天気な 出来の悪いオッサンにしか見えんのだが。


どー思う?
  1. 2006/11/26(日) 00:33:15|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

生死に関わる危険察知能力

2006.11.25 Sat

北海道のエゾシカ 青森のニホンザル
どちらも天然記念物。

しかしこいつら人里に下りてきてやりたい放題。

農作物を荒らすのは勿論 人間に対し威嚇したり 時には襲うことも。
とんでもない奴らだ。

農家には死活問題。住民にとっては襲われる危険。
最近 狂犬病で命を落とすニュースもある中 やつらが病原菌を媒体なんていう危険だって。

ところが行政は 『共存 共生』 が基本 とか言って いっこうに有効な対策が無い。

ばかばかしい 追い払い策 くらいしかやりようが無い。
『傷を付けてはいけない』 では 尚更よ。


住民にとっては死活問題だというのに。


人的被害の与えたものだけは捕獲するという。

ところが さすがはお役所仕事。
加害サルを写真に撮り “特定” し 山ほどの書類を取り揃えなければOKは出ないという。

野生のサルを相手にそれが どれほど困難なことか このど素人にも容易に想像できる。

やっとの思いでOKが出て 1〜2匹捕獲した頃には残りの何匹かは トンズ
ラして姿が見えなくなると言う。危険を察知するのか 学習するのか。

このニホンザルにしろエゾシカにしろ
手厚く保護され 天敵もいない 温暖化で気候条件もよいとくればもう増えるしかない。

もう いいかげん 人間社会に被害を与えるものに限り 片っ端から
“捕殺” をやってもいいだろう。

山まで追いかけるつもりは無いんだから。
人間社会に近づかない限り サルやシカの野生社会は保護されるんだから。

迷わず “捕殺”。これが一番の対策よ。

サルもシカも 人里に下りてこなくなるまで続ければ良い。
おそらく あっという間に下りてこなくなるだろう。
野生動物の 生死に関わる危険察知能力と学習能力は侮れまい。

愛護なんとか 保護なんとかの団体など大騒ぎだろうが
彼らに 死活問題の住民を守る方策など提示できるはずも無く いたずらに騒ぎ立てるだけ。

彼らが野生動物を本気で守りたいなら 人間に被害を与える野生動物と人間の接触を 身をもって防ぐだろうし 防ぐ有効な方策を提示できるはず。
ただ闇雲に保護 愛護を叫んでいるだけのようにしか見えないんだな。


ま そんな訳で

住民に被害を与え 危害を加えるサルやシカやイノシシは
迷わず 片っ端から “捕殺” すべし!


早く思い切らなければ やつらの顔つき容姿に 生理的に 醜悪を感じ 恐怖を感じ 嫌悪を感じるようになり それこそ “共存 共生” どころでは無くなるだろうよ。


どー思う?
  1. 2006/11/25(土) 00:12:04|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

生え抜きの

2006.11.24 Fri

日本ハム 小笠原 巨人移籍。

以前チョッとだけ触れたが
やはり危惧していた 日本ハムと北海道人との繋がりの希薄さが露呈された感がある。

やっとの思いで日本一。

来年からもファンと一体になって常勝日ハムを!なんて夢も。

日ハムの顔である小笠原がいとも簡単に 巨人へ では・・・

所詮は千葉県出身 在京で条件が良くて巨人ブランドとあっては 喜んで って訳だ。
責める気は更々ないが なーんか寂しい姿。

これは日ハムと北海道の関係にも重なる。
所詮は関東圏のチーム。球団もファンも付け焼刃よ。
北海道が地元 の意識は薄くて当然。

今のうちに 北海道に実家のひとつも在る選手を増やしたり
北海道出身の 生え抜きの選手を育てたりでもしなきゃ
真の北海道のチームは 生まれないだろう。

どー思う?


でも もし そうなれば 道産子たちは勝っても負けても必ず応援し続けるだろう。

なんでそーなるかって・・

このど素人
道産子につき よーくわかるのよ。
勝ち負けにはトンと無頓着。
弱くても一生懸命であれば それだけで応援しちゃうのよ。




 
  1. 2006/11/24(金) 00:01:22|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

教官の言葉が

2006.11.23 Thu

飲酒運転など悪質な事故が後を絶たない。
これほど問題になっているのに。

酒に無粋なこのど素人 禁酒法を歓迎したくなる程。

そんな悪質な交通犯罪人の行き着くところ
交通刑務所の受刑者の様子を紹介した番組を見た。

所内での移動は必ず整列行進。
入所してすぐはこの整列行進の徹底訓練。

足先 腕の角度 指先 目線に到るまで 一糸乱れぬ動きを強要される。
何度でもやり直される。
勿論 挨拶の徹底から 時間の厳守まで。
自己中心的な考えは徹底的に矯正されるという。

訓練風景 行進風景には必ずお決まりの批判の声が上がるらしい
人権がどうのこうのと・・・
北朝鮮の軍隊の行進風景とでもダブルのだろうか。


しかし “教官の言葉” がそれらを払拭する。

『出来るまで何度でも訓練します。出来なければ周りの人たちに迷惑がかかるんです。
あなたたちは 自分勝手に生きてきて 規律 規則 マナーをきちんと守れなかったからここにきているんです。』

どうよ・・・。この言葉が全てだろ。

この言葉には なんの弁解も許さない 固い真実があるだろ。


つまりは 社会生活における規律 規則 マナーをきちんと守る訓練を受けていれば それらを身に付けてさえいれば。
今 塀の中で だいの大人が 地位も名誉も尊厳さえも無視されて 整列行進の訓練を繰り返し強いられるような事は無かったわけだ。
何よりも 彼らによって人生を閉ざされる犠牲者もでなかったわけだから。


どうだろう 大人になってからこの惨めな経験や 取り返しのつかない思いををさせない為にも 幼少から “厳しく” “強制的” にでも 時には “力ずく” ででも これらを身に付けさせるべきではないか。

どー思う?



体罰?

 大丈夫。

心の底から その子の幸せな人生を願うならね。



 


  1. 2006/11/23(木) 10:53:35|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

沖縄県民の総意

2006.11.21 Tue

沖縄県知事選

『米軍基地撤退 観光産業中心で平和な沖縄の経済自立』
を訴えた候補が負けた。

どーも よく解らん。
沖縄はいつも 米軍基地反対 縮小 撤退が民意であるように言われる。
どのマスメディアも 必ずと言っていいほど それが県民の総意という。

ところが 今回の知事選は それをはっきり訴えた候補が負けた。
県民の総意は 『経済振興 失業率の改善』 の方を選んだ訳だ。

このど素人 素朴に 沖縄県民の米軍基地問題に対する素直な総意を知りたいと思っている。
マスメディアの示すものには なーんかギモンが・・・


騒音はきっと想像を絶するものだろう。危険とも隣り合わせ。
近くには在って欲しくないであろう事は重々承知で その上であえて。

・日本に米軍基地は必要ないのか 沖縄以外なら いいのか
・沖縄以外に移転させた時 今度はその地域の住民が反対を叫ぶことについては
・日米安保は?日本は武器を持たないとするならば 日本の安全については
・米軍基地が在った事により もたらされた またはもたらされる 経済効果 メリットについては
・沖縄だけに負担をかけすぎ とするなら その見返りとして沖縄振興策なり予算なりを大きくする
 という方策については

このあたりの事をどー考えるのか。
沖縄県民の正直な総意が知りたいんだ。

これが解らないことには
沖縄が 沖縄県民が どうなることが幸せなのかを考える時の
基礎が見つからないんだな。


賛成 反対の単純な統計ではなく
上記のような 微妙な問題の 沖縄県民の微妙な考えを
どこかのマスメディア
まとめては貰えまいか。


どーだろう。


ちなみに このど素人 沖縄生活に憧れているんだが。



  1. 2006/11/21(火) 00:45:45|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約