自動的に電気代に上乗せ って ・・・

2012.07.03 Tue

再生エネルギー買い取り制度 ってのが7月から始まった

今思えば
太陽光発電などで発電された電気は 電力会社が高い値段で買い取らなければならない
電力会社にその義務を課す ってなふれこみだったもんだから
いま時の “ 悪名高い電力会社 ” に対し 制裁的なニュアンスの “ 義務を科す ” のような響きに 深く考えることなく そーだ そーだ なんて賛同していたような気がするねネ

よくよく聞いてみりゃ 買い取り価格がどーだろうと 買い取り期間がどーだろうと 電力会社は痛くも痒くもない
コストはすべて電気代に自動的に上乗せされる仕組みなんだと

再生可能エネルギーの促進 増大が目的なんだろーが
大規模太陽光発電の買い取り価格 42円/kwh は 破格の価格 従来の発電のコストの10倍近いという
それが 電気代に上乗せされ われら庶民が黙って払うってことになる

資金力のある大規模業者が儲ければ儲けるほど 電気代は上昇するってか
ま 価格と期間は毎年見直すとはいってるけど・・・

だいたい 『 儲かるから再生エネルギーを・・・』 なんてヤツは
『 儲けのためには原発が必要 』 『 儲かるから原発を・・・ 』
って言ってるヤツと変わらない ロクなモンじゃない

原発の電気を使わなくて済み 電気代を払わなくてよく 余剰電力が小遣い程度にでもなってくれるならそれにこしたことはない
ぐらいの感覚で 庶民はソーラーパネルを設置したいのだ

大規模事業者の要求に満額以上に答える高額買い取り価格 どーも胡散臭い

“ こどもらの未来 ” “ 地球環境の未来 ” を思う われら庶民の善良な意識の盛り上がりこそが 再生可能エネルギーの推進のエネルギーになるんだからナ


  1. 2012/07/03(火) 18:53:44|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

原発依存・・・ か・・・

2012.06.16 Sat

政府は 原発依存にまっしぐらか・・・
安全対策も
福島原発事故の検証も なーんも終わってないとゆーのに・・・

こっちは 必死で節電すりゃ 原発なんかゼロでも やっていける
かも・・・なんて 気合入れてたのに

相次ぐ 電気料金の値上げと停電の脅迫に・・・

しかし電力会社は 節約プラン用意してます なんて ロクでもない姑息な広告うって・・・

節電すれば今年の夏を原発なしで乗り切れるかも 家計の節約にもなるし エコだし ってね こっちがいくら工夫して努力しようとも

そのせいで売上が落ちて儲からないとなりゃ 例の 総括原価方式とかゆーヤツで 利益上乗せの電気料金申請すりゃ 電力会社はそりゃあ痛くもかゆくもないってか・・・

まったく腹立たしいかぎりで

福島で起きたことの後始末は われ等も享受してきたことの責任もあるし 
賠償や除染や事故処理に税金を使うことは ま 当然と言わざるを得まい

が この期に及んで 東電をヌクヌクさせることは 我慢ならんのだ




  1. 2012/06/16(土) 23:02:35|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

今ごろ プルトニウム って ・・・

2011.10.05 Wed

またまた 文科省のすっ呆けた発表
『 福島県の6地点でプルトニウムが検出されていたことが分かった 』

って いまごろ ナニ言ってんのヨ

『 緊急時避難準備区域 』 の指定が解除され さあ これで本格的に除染作業に取り組めるハズ と思った矢先

まるで この時期を見計らったかのように
『 ・・・実は・・ ・・・でした・・・ 』
ってゆー いつものパターン

散々 土壌の検査もやっていたはずなのに 事故から7ヶ月にもなろうかという頃になって “分かった” とか “明らかになった” とか・・・

相変わらずの政府も 東電も 御用学者も 御用マスコミも もう まったく信用できない

情報の発表の遅さや隠蔽は 住民に対する背信行為 犯罪的行為に他ならないというのに・・・

  1. 2011/10/05(水) 00:13:24|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コドモをダシに使う醜悪なオトナたち ・・・

2011.08.19 Fri

福島第1原発の事故による放射能汚染が どれほど住民や県民に苦しみを強いていることか
南相馬市のボランティア活動に参加して地元の人といろんな話をして ほんの少しは理解できたつもりだが

“ 福島に住む子どもたちが 国の原発事故の担当者に直接質問をぶつけ生の声を求める集会 ”
なんてのがニュースになってる

なにやら 醜悪なものを観た気がするのは このど素人だけか
マスコミが切り取って何度も放映する部分に偏りがあるのかもしれない

子どもらの子どもらしい思いや訴え その部分はよーく分かる としたうえで


原発事故担当と言っても所詮は下級役人 何を言われても弁解の余地の無い今の状況で 今それを言われても答えようが無いというよーな 質問とも言えないよーな質問を突きつけ 答えに窮する相手をさらに追い詰める
そのたびに沸き起こる傍らのオトナたちの拍手と 勝ち誇ったような笑い顔

それを観ていると なにやらこの質問している子どもたちの顔つきまでが醜悪に見えてきてしまう
溺れてる犬を棒で突っつくようなマネを子どもらにやらせてはいけない

オトナどもの姑息なパフォーマンスに子どもらを利用するのはやめて貰いたい

こんなパフォーマンスをやる必要はあるまい 子どもらの辛さや悲しみ 県民のの強いられる不条理 理不尽はもう十分解かっている

今 やらなきゃならないことは 原発の事故の収束 今現在も約2億Bq/毎時という放射性物質の大気への放出を止めること そして徹底的な除染 と補償
原発被害者を救う道はこれしかない ということはもう言うまでも無いし もう誰もが解かっている




  1. 2011/08/19(金) 00:10:43|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

北海道泊原発3号機運転再開大反対 ・・・

2011.08.18 Thu

このど素人は 今回の福島第1原発の事故を受けて 原発全面廃止論者になった

今回の事故の収束はモチロン 事故の検証もされていない状況で 今止まっている原発を再稼動するなどトンでもない行為だと思っている

試験運転していたものを通常の営業運転に などと訳の分からん理屈をこねる
北海道泊原発3号機
北海道人としては怒りと 恥ずかしさが沸き起こるばかり

原子力の安全・規制を担う 『原子力安全・保安院』を 推進する側の経産省の外局にしておくのは問題だとして 同院と原子力安全委員会を統合した『原子力安全庁』というのを環境省の外局として新設しよう なんてことを閣議決定までしている最中

その明らかに問題視されてる『原子力安全・保安院』 『原子力安全委員会』 が擦り付け合ってる形ばかりの安全確認によって 運転再開される『泊原発3号機』

ナンたる事か!


 

  1. 2011/08/18(木) 21:59:46|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

やっぱり 泣くんです ・・・

2011.08.11 Thu

南相馬市原町区を再訪したときに宿泊したホテルの 朝食時
女将さんが 静かに話してくれました

「 原発から20km圏内 警戒区域の一時帰宅が今行われています
遠くに避難を余儀なくされている人たちが ここに一泊して出かけていきます
ここで・・・ 朝ごはんを食べながら・・・
年寄りは 『こんな風に家族が離れ々になって 住み慣れたうちにも戻れないし』 と言って泣くんです
もう少し若い人は・・・  『悔しい』 と言って・・・やっぱり 泣くんです・・・ 」





 ・・・・・・・
  1. 2011/08/11(木) 10:26:59|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

危なくてもいい とにかく動かして儲けたい・・・

2011.07.07 Thu

20km圏内は警戒区域で立ち入る事もできない
30km圏内は緊急時避難準備区域 なにかあったら避難しなければならない
住民はダンボールに日用品を詰めて車に積み込み そこから必要なものを取り出しては日常生活している人もいるという状況
30km圏外でも極端に放射線量の高い地域は 特定避難勧奨地点なんてのに指定され避難を勧められている状況

こういう状況は 福島第1原発の事故が収束し 放射性物質の撒き散らしが止まって 土地の除染の見通しがたつまで続くことになる

そんな原発事故が今進行中で 収束の見通しすらたっていない もちろん事故の検証もできていないというのに
「 安全性は政府が保証します 」 なんて・・・海江田経産相

どの原発の安全を保証できるというのか どの口でそんなことが言えるのか 耳を疑ってしまったが・・・

案の定と言うか 自分たちで矛盾に陥って 信頼を失って どーしようも無くなって
とうとう自身の進退にまで言及せざるを得なくなった


もう いい加減 肚をくくろう

“ 危なくてもいい とにかく動かしたい とにかく儲けたい ”
こんな電力会社 原発行政は 絶対許さない!  と





 
  1. 2011/07/07(木) 22:36:18|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

粉砕骨折

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約